25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

イントロダクション

いま、隔絶された場所から彼らの声が届く・・・

南米テロ事件で遺された盗聴テープ。そこには人質たちの朗読が刻まれていた。

小川洋子原作の感動作、奇跡の映像化。

「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を、「妊娠カレンダー」で芥川賞を受賞するなど、数々の受賞歴を誇る作家・小川洋子の感動作をドラマ化。
 南米のとある国で発生したテロ事件は、日本人の人質全員が死亡するという痛ましいものだった。2年後、事件は思わぬ形で注目を集めることに。人質たちの生前の声を収めたテープの存在が分かり、日本のラジオ局が公開したのだ。そこには、人質たちがそれぞれ心に残っている出来事を発表する、“人生の朗読会”が収められていた。
 テープの存在を知り、遺族たちのもとを回るラジオ局記者を演じるのは、ドラマW初出演となる佐藤隆太。遠く隔絶した場所から、彼らが確かに生きていた証として“声”が届く。あの日から2年。カタチのない物語は時と場所を超えて生き続けることを教えてくれる、物語の「力」を描き出す感動作だ。

ストーリー

南米のある国でテロ事件が発生。
長期化した事件は、日本人の人質6人全員が死亡という
最悪の結果となってしまう。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

場面写真

2年後、ラジオ局の報道記者・中原(佐藤隆太)は、テロ事件で母親を亡くしたひとみ(波瑠)から連絡を受ける。彼女によると当時、事件解決に動いていた政府軍は盗聴器を仕掛けており、中には人質たちの「声」が収められていたという。そのテープを手に入れたひとみは、母親の最期の時間を知ってもらいたいと語る。

  • 場面写真
  • 場面写真

収録されていたのは、人生の一片の朗読だった。
作家、主婦、工場経営者、ツアーガイド、会社事務員という
職業も年齢もバラバラの人質たちの、日々の物語が語られていた。

スタッフ

原作:小川洋子「人質の朗読会」(中央公論新社)
プロフィール
1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。
1991年、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を受賞。映画化もされ話題となる。2005年には「薬指の標本」がフランスで映画化された。その他の作品に「ブラフマンの埋葬」(2004年泉鏡花文学賞)、「ミーナの行進」(2006年谷崎潤一郎賞)など。
コメント
ありふれた人生にも必ず、かけがえのない物語が結晶のようにひそんでいる。
ドラマの登場人物たちの声を耳にした人は誰も、自分の胸に隠された結晶を、そっとすくい上げたくなるに違いない。
  • 監督:谷口正晃(『時をかける少女』)
  • 脚本:杉原憲明

人質の朗読会 小川洋子

キャスト

  • 佐藤隆太
  • 大谷直子
  • 長谷川朝晴
  • 原日出子
  • 阿南健治
  • 三浦貴大
  • 鷲尾真知子
  • 波瑠
  • 西田尚美
  • 徳永えり
  • レオ・K
  • 左時枝
  • 佐々木すみ江 ほか

コメント

コメント画像1

これは、物語を語る人と、それに耳を傾ける人たちのドラマです。
ひとつの物語を読み終えたときに心に沁みこませるかのように、
そしてしっかりと受け止めるように、
小川洋子さんが原作で書いた言葉を、
できるだけそのまま映像にしたい。
それは監督や脚本家をはじめ、
映像化にかかわった全員に共通する思いではないでしょうか。
ぜひ、ご期待ください。
佐藤隆太

  • コメント画像2
  • コメント画像3
  • コメント画像4
pagetop

ラジオ局の報道記者

中原誠一

[佐藤隆太]

事件発生当時、南米テロ事件を取材。その2年後、人質として亡くなった平澤咲子の娘ひとみから生前の人質たちの“朗読”が録音された盗聴音声データを託され、ラジオ公開に向けて尽力する

平澤咲子の娘

平澤ひとみ

[波璃]

中原の人柄を信頼し、人質たちの“朗読”の音声データを託す

堂島 裕の妻

堂島洋子

[西田尚美]

被害者遺族のうちただ一人、“朗読”の公開に反対するが…

調理講師

平澤咲子

[大谷直子]

専門学校の製菓コースの教授。若い頃はビスケット工場で働いていた

主婦

高橋聡子

[原 日出子]

夫の赴任先の帰途で事件に巻き込まれた平凡な主婦。子どもはいない

会社事務員

倉木祥子

[鷲尾真知子]

30代で夫に先立たれて、子どもなく20年以上一人暮らしをしている

作家

堂島 裕

[長谷川朝晴]

名もなき作家。日々の出来事を手帳に記し、朗読会を開くことを立案する

工場経営者

平田良平

[阿南健治]

おおらかな性格に見えるが、仕事では精密機器を扱っていた工場経営者

ツアーガイド

江藤高広

[三浦貴大]

20歳の頃、スーツ量販店でバイトをした経験がある。6歳下の妹がいる