25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

「楽園」場面写真

宮部みゆきのミリオンセラー「楽園」を、主演に仲間由紀恵を迎えて初の映像化。
社会の暗部を精緻なタッチで描き出したヒューマンドラマの最高峰。

ミステリーをはじめ、SF、時代小説など多彩なジャンルの小説を執筆し、いずれもベストセラーとなっている大人気作家・宮部みゆき。これまでも数多くの作品が映像化されてきたが、今回「楽園」をWOWOWが初めて連続ドラマ化する。

2002年に芸術選奨文部科学大臣賞文学部門などを受賞したサスペンス「模倣犯」は宮部の代表作の1つだが、「楽園」はこの「模倣犯」での事件から9年後を描いたもの。

2002年に芸術選奨文部科学大臣賞文学部門などを受賞したサスペンス「模倣犯」は宮部の代表作の1つだが、「楽園」はこの「模倣犯」での事件から9年後を描いたもの。ライター前畑滋子が再び、ある殺人事件の真相へと迫っていく謎が謎を呼ぶ展開の中、単なるミステリー要素だけではなく、家族に向き合う“心”の物語が描かれている。

ライター前畑滋子が再び、ある殺人事件の真相へと迫っていく謎が謎を呼ぶ展開の中、単なるミステリー要素だけではなく、家族に向き合う“心”の物語が描かれている。

主役の滋子を演じるのは、WOWOWのドラマ初出演となる仲間由紀恵。「模倣犯事件」の“トラウマ”を抱えながらも、新たな難事件に立ち向かう勇敢な心を持った女性を真っすぐに演じてくれるはずだ。また、脚本は連続テレビ小説「まれ」や、「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」の篠﨑絵里子が務める。

「楽園」場面写真
閉じる
もっと見る

ストーリー

当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎夫妻の事件がニュースを騒がせていたある日、小さな編集プロダクションで働くライターの前畑滋子
(仲間由紀恵)のもとに、主婦の萩谷敏子が訪ねてくる。敏子は、10歳の息子・等に“他人の記憶が見える”特殊能力があるかもしれないと前置きし、等が描いたという1枚の絵を差し出す。そこにはコウモリ形の風向計が特徴的な家の中で横たわる、灰色の顔をした少女が描かれており、土井崎夫妻の事件に酷似していた。

「楽園」場面写真

滋子は半信半疑で調査を引き受けるが、等は交通事故で亡くなってしまう。一方、土井崎夫妻の次女・誠子は、父の代理という弁護士・高橋治美から、両親が誠子と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑う。そのころ、ある街で女子高生が監禁されていた―。

ばらばらに思える事件はやがて1つの”真実”へ。滋子の奮闘が今始まる!
閉じる
もっと見る