25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

キャスト

  • 松田美由紀
  • 石坂浩二(特別出演)
  • 小林 薫コメント
閉じる
もっと見る

コメント

主演:仲間由紀恵(前畑滋子役)
仲間由紀恵

WOWOW初出演を主演で飾ることになりましたが、お気持ちはいかがですか?

WOWOWの作品は“社会派ドラマ”として、壮大なスケールだったり、骨太な内容だったりというイメージがありました。
今回お話をいただいた時、WOWOWドラマへの挑戦、そして同じく初となる宮部みゆき先生の作品ということでとても嬉しく思いました。

本作の見どころを教えてください。

宮部みゆきさんの人気ミステリー作品でもある「模倣犯」、主人公・前畑滋子の9年後という姿を描いた作品です。
とてもテンポ良くストーリーが展開されていきますが、色々な謎が解っていくにつれ「その先は一体どうなるのだろう?」と引き込まれる内容になっています。なぜ事件は起こったのか……最終話に待ち受けている、タイトルにもある“楽園”に込められたメッセージとは? 全6話、最後まで楽しんでご覧ください。

黒木 瞳(弁護士/高橋治美役)

原作は出版された時に拝読しておりましたので、今回お話をいただき、久しぶりに自分の本棚から「楽園」を取り出しました。 ドラマは、原作とは多少異なる部分もありますが、宮部先生の大事になさっている世界観が感じられる作品になっているかと思います。 私が演じる高橋治美は、この物語の中で思い悩む土井崎元さんのマスコミ窓口として色々手助けをするという役柄なのですが、考え込むシーンがとても多く。 また、仲間さん演じる前畑滋子さんに辛辣なセリフをぶつける場面が多々あるのですが、ひとつひとつのセリフが大変難しくもあった分、 やりがいのある撮影になりました。様々な謎を繋ぎ合わせるうち、途中で見るのをやめられなくなる作品になっていますのでお楽しみに(笑)。

夏帆(土井崎誠子役)

両親が姉を殺害したことが発覚し、当たり前だと思っていた日常が突然壊れていく中、どうにか自分を保つため葛藤する、土井崎誠子という女性を演じています。 私の経験したことのない場面の連続で、彼女の気持ちを追いかけていくのがとても大変でした。でも、疑問に思ったことや誠子の気持ちを監督に相談すると、すぐに明確な答えを返してくださったので、 混乱することなく撮影に挑むことができました。原作を拝読する前に、台本を3話までいただいて読んだのですが、私自身一気に引き込まれてしまって。話が進むにつれ事件が明らかになっていく面白さがある作品なので、ぜひご覧ください。

小林 薫(土井崎 元役)

今回は権野監督の力をお借りしようと思って、撮影に入りました。最初の打ち合わせで「頼みます」って言ってもらったんですけど、監督の方が僕よりも圧倒的に台本を読み込んでいるというのが分かっていたので 「こうして欲しいとかっていうのは言ってください」という風にお話ししました。また、私が演じる土井崎元は非常に影のある役柄なので、現場でも休憩中に共演者の皆さんと明るく和気藹々っていうよりも、静かにしていようとは思っていました。 でも、仲間さんはプライベートで親交があったり、黒木さんとは以前夫婦役で共演したり、それぞれニュアンスは違いますが「久しぶり」っていうメンバーが揃っていたのでもう少し色んな話ができても良かったかな(笑)。

キャスト

スタッフ

監督
権野 元
(「連続ドラマW 震える牛」「連続ドラマW 悪貨」)
脚本
篠﨑絵里子
(連続テレビ小説「まれ」「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」)
音楽
羽岡 佳
プロデューサー
青木泰憲
伊藤仁吾
製作
WOWOW
松竹
閉じる
もっと見る