「尾根のかなたに」見るならWOWOW

イントロダクション

日航機墜落事故で親父を失った息子たちは今、親父になった。惨劇から希望、そして使命を見出した彼らの不屈の四半世紀を綴るドラマ。

1985年8月12日。日本航空123便が墜落、乗員乗客520名の犠牲者を出した。この事故で親を失った息子たちを中心に、絶望から這い上がった3つの家族の27年を前・後編で描くスペシャルドラマをお届けする。原作は「なぜ君は絶望と闘えたのか」の著者・門田隆将によるノンフィクション。原作をもとにフィクションで描いていく。ドラマW初登場の伊勢谷友介ら、豪華キャストに加え、監督に映画『沈まぬ太陽』の若松節朗を、脚本に連続テレビ小説「おひさま」の岡田惠和を迎え、実力派スタッフ・キャストがタッグを組んでお届けする。父が最期に記した遺書の意味を考え続ける息子、父の死後、孤独から逃れられなくなる息子、父の遺志を継いで自分の使命を考え続ける息子…。父親を失うという絶望と闘い続けた少年たちが、27年の時を経て自分が父親になった時に気づく「生きてきた証」と「父と子の絆」を描く感動のヒューマンドラマ。

ストーリー

2012年8月、上杉弘樹(玉山鉄二)は子供たちとともに御巣鷹山に登っていた。そこにあるのは、膨大な数の墓標。1985年8月、日本航空123便墜落事故が発生した。親子で歯科医院を営んでいた峰岸薫(伊勢谷友介)の父・健造は事故の犠牲者となった。薫は父親の遺体を家に連れて帰りたい、その一心で検死に協力する。夫が事故機に乗っていたことを知った上杉加奈子(石田ゆり子)は気を失ってしまい、13歳の長男・弘樹(濱田龍臣)は母の代わりに父を助けようと現場に向かうが、父の姿は変わり果てていた。小倉家の長男、9歳の光太郎(小林海人)は、大好きな母(広末涼子)と妹を事故で失った。さらに親戚の意向で父の秀人(萩原聖人)と離れて暮らすこととなる。孤独のあまり酒をあおり、体を壊した秀人と、高校生になった光太郎(松坂桃李)は、最期の日々を共にする-。時は流れ、父への思いを抱えて息子たちは成長。それぞれが親になるときを迎える…。

日航機墜落事故とは

1985年8月12日、羽田発大坂行きJAL123便は、乗客509人、乗員15人、合計524人を乗せて、午後6時12分に羽田を離陸、午後6時56分30秒、群馬県側の山岳地帯である御巣鷹山に墜落――。夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。

場面写真 場面写真 場面写真

▲ページトップ