メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

久遠久美が教えるスピーチの心得

世界を動かしてきた“影”の職業スピーチライター。
スピーチライターとは何なのか?
比嘉愛未演じる主人公が、言葉の限りない
可能性を追求していく職業ヒューマンドラマ。

比嘉愛未

“泣けて、元気が出る”と反響をよび、ついに40万部を突破した原田マハのベストセラー小説
「本日は、お日柄もよく」をドラマ化。
原田が、「迷っている人の背中を押してあげられるような小説であってほしい」と語る今作は、
“影”の職業であるスピーチライターにスポットを当てて描かれた職業物語だ。

WOWOW連続ドラマWに初登場初主演となる比嘉愛未が、幼なじみの結婚式で聞いたスピーチに感動し、
新しい一歩を踏み出す主人公を熱演する。主人公の師匠となる伝説のスピーチライターに長谷川京子
そのほか渡辺大、
石橋蓮司、八千草薫、速水もこみち、
船越英一郎など
強力なキャスト陣が顔をそろえる。

オバマ大統領の「Yes, We Can」のフレーズもスピーチライターが生み出した言葉だ。
言葉には人の心を動かし、世界を変える力がある―。単に代筆するのではなく、相手の心に寄り添い、
その魂の叫びを言葉にする仕事。

「言葉が持つ力」に焦点を当てた
メッセージ性の高い作品にご期待ください。

ストーリー

「本日は、お日柄もよく」の場面写真

老舗製菓会社の総務部で働く 二ノ宮こと葉(比嘉愛未)は、
突然広報への異動を命じられ困惑。

さらに、ひそかに想いを寄せていた
幼なじみ・今川厚志(渡辺大)から別の女性と
結婚すると伝えられ落ち込む。

傷心のまま厚志の結婚式に出席したこと葉だったが、
伝説のスピーチライター久遠久美(長谷川京子)
祝辞に心を揺さぶられる。

「本日は、お日柄もよく」の場面写真

一方、会社の一大プロジェクトのメンバーに抜擢され、
社長のスピーチ原稿を書くことになったこと葉だが、
コピーライター和田日間足(速水もこみち)の抜群のトーク力に完敗。
一念発起したこと葉は、久美の事務所に押し掛け、
久美の“弟子”として働くことに。

そんなある日、久美の事務所に大物政治家の姿があった。
スピーチライターとして新しい一歩を踏み出したこと葉は、
思いも寄らない人物のスピーチ原稿を担当することになり…。

こと葉の綴る言葉が語られたとき、人々の心を動かすことはできるのか?

久遠久美が教えるスピーチの心得 監修:蔭山洋介

政治家の演説から乾杯の3分挨拶まで。
スピーチライターの仕事とは??

「Yes We Can」by バラク・オバマ(第44代アメリカ合衆国大統領) 「悪の枢軸」by ジョージ・W・ブッシュ(第43代アメリカ合衆国大統領) 「バイ マイ アベノミクス」by 安倍晋三(第96・97代内閣総理大臣)

誰もが耳にしたことのあるこれらのフレーズ。実はこれ、すべて「スピーチライター」が書いたものなのです。
では、「スピーチライター」とは一体どんな職業なのでしょうか。
「スピーチライター」とは、政治家の演説や企業の社長が行う挨拶など、
話し手本人に代わり“スピーチ原稿”を主に執筆します。さらには話し方のトレーニングをフォローするなど、
端的に言うと“スピーチ全般に関わるプロ”ということになります。


もう少し深く掘り下げると、スピーチライターはただ原稿を執筆するだけではなく、
各クライアントの業界についてはもちろん、リスナーの分析など、そのスピーチに関わるありとあらゆる情報を丹念に調べ、
下準備に相当な時間を費やします。なぜならば、スピーチをするその先には話し手が聴衆に伝えたい“目的”があるからです。
話し手の言葉がその場にいる人々の心に届くよう最善の策を練るということにおいて、
国家の方針決定に関わるような仕事から乾杯の挨拶まで、活躍の場は様々。
どのような場面においても、その“ゴール”に達するための戦略家、それが「スピーチライター」という職業なのです。

本編に登場する“スピーチ十箇条”を
プロのスピーチライターが解説!

「スピーチする機会なんてない」と考えていませんか?
主人公・二ノ宮こと葉がスピーチライターを
目指すキッカケとなった結婚式での祝辞から、会社や学校で日々行われるプレゼンテーションまで、
“スピーチ”は意外と身近に転がっています。そんな「もしも」のとき、慌てないために!
ドラマに登場する「スピーチ十箇条」と一緒に“スピーチ”のコツを学んでいきましょう。

その1スピーチの目指すところを
明確にすること

スピーチを通して聴衆に伝えたいことを明確にしないと、原稿は決まりません。話し手の話を聞いて、リスナーにどのようなアクションを起こして欲しいかを具体化することが大切です。ただし、“良い演説をする”をゴールにしてしまうと、聴衆は感動してくれても行動してくれないので、目的によって注意が必要です。

場面写真
その2エピソード、具体例を
盛り込んだ原稿を作り、
全文暗記すること

スピーチの目的に合った具体例やエピソードを、最低でもひとつは入れましょう。そうすることで聴衆の共感を得られ、伝えたいメッセージ(スピーチの目的)が、より伝わりやすくなります。また、人前で話をするのが苦手、そういう経験に乏しい人は、全文もしくは要点のみを暗記するという方法もおすすめです。

場面写真
第44代アメリカ合衆国大統領
バラク・オバマの勝利演説

2008年の大統領選勝利演説で、アン・ニクソン・クーパーさんという当時106歳だったアフリカ系アメリカ人女性の事例を紹介。女性である、肌の色が違う、そういった二重の意味で当時投票権を持たなかった彼女が、それまでの歴史的差別問題脱却の第一歩として「初めて」アトランタで票を投じたこと語り、米国初の「黒人大統領」となる自分の思いをこの事例に重ねた。

その3力を抜き、心静かに
平常心で臨むこと

緊張の場で平常心を保つには、とにかく“練習”をしましょう。たとえ3分くらいのスピーチでも、たくさん考えて一所懸命練習する、そうした準備に時間を惜しまない。何度も繰り返し練習することが、リラックスした状態で本番に臨むことができる唯一の方法です。

場面写真
その4タイムキーパーを
立てること

練習をするときには、タイムキーパーを用意するのはよいことです。原稿をスピーチとして読み上げた際、時間がオーバーしていたり、重要でないところに時間を割いていたりといった問題点に気づくことができるからです。内容の調整はもちろん、話し方に緩急をつけるなど、時間配分を考えながらスピーチを磨いていきましょう。

場面写真
その5トップバッターとして
登場するのは極力避けること

時と場合にもよりますが、特に討論など意見を戦わせる場では、後攻の方が有利です。なぜならば、相手の意見を聞いた上で、ロジックの矛盾点などを指摘することができるからです。

場面写真
その6聴衆が静かになるのを待って、
始めること

“場を掌握する”ことが重要です。マイクの前に立ったらまずひと呼吸おき、リスナーの視線がこちらに集まったことを確認してから話し始めましょう。ちなみに、スピーチ原稿でも前半は場を鎮めるために構成することが多々あります。場の注目を集めようと、冒頭に過激なことを入れるのは逆効果なことも。バラク・オバマは「サンキュー」と言いながら、聴衆を落ち着かせる、アドルフ・ヒトラーは腕組みをし、沸いた群衆が静かになるのをひたすら待つなど、方法は様々です。自分のスタンスにあった手法を模索しましょう。

場面写真
その7しっかりと前を向き、
左右を向いて、会場全体を
見渡しながら語りかけること

目線の使い方は非常に重要なので、忘れずに意識しましょう。少人数なら全員の目を順番に見て語りかける、大勢の前なら会場全体を見渡し“目が合った気にさせる”ということが大切なポイントです。

場面写真
その8言葉はゆっくり、
声は腹から出すこと

会場の大きさに合わせて話すスピード、声のボリュームを調整します。大きい会場なら、マイクの反響に合わせ、なるべくゆっくりとしたペース、そして大きな声で。小さい会場なら、自然なスピードかつ全員に行き届くくらいの適当なボリュームで。スピーチに使うエネルギーは、普段の会話とは違う力加減を必要とします。「こんなに大げさにしゃべるの!?」と思うくらいが丁度いいと考えてください。練習時に動画撮影を行うのもおすすめです。

場面写真
その9導入部は静かに、
徐々に盛り上げ、
感動的にしめくくること

① 導入部
会場との一体感を作るため、
静かに話し始める

② スピーチ中盤
具体例やエピソードを披露

③ 終盤
自身のメッセージを伝えて共感を呼び、
感動を煽る

この順番を守ることがとても大切です。日常会話の中でも同じことが言えますが、「鍋を食べたくはありませんか?」と唐突に尋ねたところで、答えに戸惑う人は多いはず。しかし、導入部として「寒くなってきましたね」という、大多数の人が共感できるひと言を挟むことで、相手にも話を聞く準備をさせましょう。そうすることで自分の意見、意思が相手に伝わる確率は段違いになります。

場面写真
その10最後まで、
決して泣かないこと

演出で泣くのはスピーチのご法度です。しかし、スピーチの最中に演説者が感極まり思わず泣いてしまった場合は、聴衆から大きな共感を得られ、逆に相手にも感動を与えます。

場面写真

最後に

“スピーチ”とは極めてプライベートなことです。なぜならば、自分自身の「人生を変えたできごと」を話すことが、とても重要なポイントで、それはあなたが最も力強く「自分の言葉」で「誰かに伝える」ことができるからです。

「自分の中に起こった変化」を人前で披露することの難しさや楽しさ、そこから生まれる感動などがドラマの中にもたくさん登場しますので、お楽しみに。

スピーチとはコミュニケーション手段としてもこんなに有効的だった 攻略すれば日々の生活にも役立つ!

人と話す、誰かに何かを伝える、それは日常の中に溢れているコミュニケーションのひとつです。つまり、“スピーチ”を練習することは、そのコミュニケーション能力を総合的にバックアップすることにもつながります。相手の行動を促したい、仕事で成果をあげる、リーダーシップを発揮したいときなど、あらゆる場面で効果的な働きをしてくれる最重要ツールなのです。普段の生活にも、今回ご紹介したスピーチの基本構造とリンクする場面がたくさんあるはず。ここで紹介した「スピーチ十箇条」を会得し、日々の生活にぜひ役立てください。

比嘉愛未
監修 蔭山洋介氏

監修
蔭山洋介氏
プロフィール

スピーチライター、ブランドディレクター、演出家。株式会社コムニス代表。
元々は演劇を専門とし、演出家の道を志していたが、米イリノイ大学派遣留学当時の友人からの
言葉がきっかけでスピーチライターに。
パブリックスピーキング(講演、スピーチ、プレゼン)やブランド戦略を裏から支えるブレインとして活躍しながら、スピーチライターという職業の普及、後進の育成にも力を入れている。