イントロダクション

大手銀行の監査役が活躍する経済漫画を織田裕二の主演でドラマ化!
画像
強い正義感と厚い人情の持ち主である主人公が、銀行の不正を徹底究明すべく行内の抵抗勢力に戦いを挑む!

原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画「監査役野崎修平」を
織田裕二主演でドラマ化。
監査役とは取締役の職務執行が
正しく行われているかどうかを監査する役職。

画像

舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる
“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。
当時の日本社会では、不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも
権力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、
まさに金と権力が渦巻いていた。

このドラマは、そんな時代においても正義を貫くため奮闘する
ひとりの銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快作だ。

画像

野崎を演じるのは織田裕二
「連続ドラマW 株価暴落」で組織の論理に染まらず、
自らの信念に忠実に突き進むバンカーを好演した織田が、
今度は、持ち前の熱い正義感と人情、
そして冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく
大手銀行の監査役を演じる。

画像

共演には本作で織田と初共演になる、
岸谷五朗古谷一行
脚本は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」
を手掛けた前川洋一
監督は「連続ドラマW 楽園」の
権野元が担当する。

ストーリー

画像

おおぞら銀行地蔵通り支店長である野崎修平(織田裕二)は、正義感と人情味あるその人柄から行員や街の人々に好かれているものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていた。そんなある日、支店が閉鎖されることになると知らされる。出向を覚悟していた野崎の元に人事異動がくだる。その異動先はなんと役員昇進である監査役への就任であった。

画像

監査役になった野崎は銀行内での不正を目の当りにし、この銀行を変えると決意する。そして、銀行が抱える「究極の闇」に辿り着く。
そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦(古谷一行)の影が…。野崎に対抗すべく、京極が出向先から呼び戻した剛腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)や、おおぞら銀行初の女性役員を目指す立川祥子(松嶋菜々子)も加わり、銀行内で熾烈な戦いが繰り広げられる。

やがて物語は銀行内に止まらず、魑魅魍魎うごめく政界へも発展する。果たして、新任監査役・野崎修平はこの巨大な闇に立ち向かう事ができるのか? 野崎の戦いが、今始まる…。
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの