25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

大森南朋、深川栄洋監督インタビュー

大森南朋

寺原 健役
大森南朋インタビュー

Q:主演の寺原健役が決まった時の気持ちと、寺原健の印象を教えてください。

A:今回この作品に参加させていただく事が決まり、まず台本を読ましていただいて思ったことは、演じさせていただく寺原健をこの群像劇の中でどう佇ませようかと考え、プレッシャーを感じました。

寺原健の印象ですが、何か『悲しみを背負っている』なと自分なりに思いました。

Q:「LINK」の脚本を読んで如何でしたか。

A:1つ1つのシーンが特別長いわけでもないので、逆にどう伝えるかが難しいなと思いました。

Q:視聴者への皆様へメッセージと意気込みをお願いします。

A:出演者の皆様と渾身の一作になる様につくりあげております。
絶対に良い作品になると思いますので楽しみにしていてください。

深川栄洋監督

深川栄洋監督インタビュー

Q:今回、連続ドラマを初めて撮るにあたり、意気込みを教えてください。

A:企画のお話を頂いたのは1年前の春。私にとって初めての連続ドラマですので、脚本家の篠崎さんとまた新しい挑戦が出来るかもしれないと感じたのを覚えています。撮影を控えて今は期待と不安が入り交じっています。それは、新しく出会う役者と撮影現場で良い響き合いが体験できるのではという期待。不安は猛暑の中、映画2本分を超える撮影を乗り切る体力です。
初めに感じた新しい挑戦を楽しめるようにスタッフと良い現場にしたいと思っています。

Q:「LINK」は多くのキャストが絡み合う群像劇ですが、主演の大森さんはじめ、共演される皆様の印象を教えて下さい。

A:大森さんは昨年の夏、初めてテレビドラマでご一緒しましたが前回とは全く違うキャラクターなので、違う一面に期待してます。映画の主役を務める様な方々が多く集まられているので、見応えのあるドラマにするべく知恵と勇気を絞っていきます。

Q:視聴者への皆様へメッセージと意気込みをお願いします。

A:このドラマはそれぞれの登場人物が社会や組織の中で悩み苦しみます。一人一人の葛藤は点となり、それを繋いでいくと『Link』という額縁が見えてきます。そのキャンバスに描かれた絵にはどんな思いが込められているのかを感じて頂きたい。今までになかったようなテレビドラマにするべく、キャスト・スタッフと駆け抜けたいと思います。

※これらのインタビューは撮影前に行ったものです。

田中直樹主演 スピンオフドラマ LINK~ふがいない 僕の格言日記~
前田旺志郎のLINK撮影日誌やで!
大森南朋、深川栄洋監督、インタビュー
豪華キャストの撮影現場へ潜入! その他「LINK」メイキング映像など 貴重な映像をW流にて配信中!