相関図

PAGE TOP

代表取締役社長 城山恭介 [柴田恭兵]

レディ・ジョーカーに誘拐され、20億円を要求される。日之出ビール、そして家族を守るため、独り苦悩する。

ビール事業本部長 兼 取締役副社長 倉田誠吾 [益岡徹]

城山社長に警察やマスコミへの対応を助言。長年、岡田経友会との交渉を一任されてきた。

社長秘書 野崎孝子 [矢田亜希子]

城山社長を慕う秘書。大学時代の先輩・八代と事件の情報を交換する。

事業開発本部長 兼 取締役副社長 白井誠一 [石橋 凌]

日之出ビールが危機に直面する中、冷静さを保つ。レディ・ジョーカーとの裏取引に対して慎重な態度をとる。

 ビール事業本部 副本部長 兼 取締役 杉原武郎 [光石 研]

娘・佳子と秦野孝之の交際を反対。城山社長誘拐事件のことで、自責の念にかられる。

大森中央署刑事課 強行係 警部補 合田雄一郎 [上川隆也]

元警視庁捜査一課。大森中央署に異動後、誘拐事件が発生。城山社長の警護役として、レディ・ジョーカーとの裏取引を監視する。

警視庁捜査一課  課長 神崎秀嗣 [渡辺いっけい]

誘拐事件特別捜査本部の指揮をとる捜査一課長。合田に城山社長の警護役を任せる。

警視庁捜査一課 警部補 平瀬悟 [津田寛治]

第一特殊犯 捜査二係。レディ・ジョーカーとの現金受渡現場を統率。捜査のあり方を巡って、合田と衝突する。

大森中央署刑事課 課長代理 土肥 [モロ師岡]

合田の上司。レディ・ジョーカー逮捕に向け、捜査員たちにげきを飛ばす。

大森中央署刑事課 刑事 吉原 [南条弘二]

強行係の刑事。孤立しがちな合田にしばしば助言をする。

大森中央署刑事課 係長 安西 [芦川 誠]

知能犯係の係長。誘拐事件では兜町周辺の金の動きを調査。

大森中央署刑事課 刑事 紺野 [平田裕一郎]

強行係の刑事。犯人逮捕に向け、ひたむきに捜査を続ける。

蒲田北署刑事課 課長 三好 [中村育二]

半田が警察に入った頃から、面倒をみてきた。職務をおろそかにした半田を、老人殺人事件特捜本部からはずす。

蒲田北署刑事課 係長 高橋 [芹澤名人]

知能犯係の係長。半田の上司。秦野浩之の日之出ビールに対する偽計業務妨害を担当。

蒲田北署刑事課 強行係 巡査部長 半田修平 [豊原功補]

刑事でありながら警察組織に恨みを持ち、一連の事件を計画。合田の存在を強く意識している。

信用金庫職員 高克己 [高橋努]

実家はパチンコ屋を経営しているが、家業を嫌っている。日之出ビールの株価を操作し、儲けることを企てる。

旋盤工 松戸陽吉 [金子ノブアキ]

物井の競馬仲間。通称“ヨウちゃん”。仕事中に同僚の不注意で怪我をする。

薬店店主 物井清三 [泉谷しげる]

レディ・ジョーカーの中心的な存在。実兄・清二の死を契機に、日之出ビールに対し恨みを抱く。

トラック運転手 布川淳一 [板尾創路]

元自衛官で、現在はトラック運転手。娘の面倒をみながら、苦しい生活をおくっている。

東京社会部 記者 八代芳伸 [山本耕史]

警視庁捜査一課担当記者。独自の取材網を駆使して、事件の真相に迫る。

東京社会部 デスク 田部 [小市慢太郎]

部下の八代に厚い信頼を寄せる上司。他紙を出し抜き、事件のスクープを狙う。

週刊東邦 記者 榎本和子 [吉田 羊]

週刊東邦の記者として警察関係者を取材。誘拐事件では警察の内部犯行説を疑っている。

フリーライター 佐野純一 [松尾 諭]

八代の情報提供者。誘拐事件の背後にある闇のネットワークの存在に気づく。

城山の妻 城山怜子 [萩尾みどり]

心労が重なる夫・恭介を献身的に支える。義妹・晴子の相談にのる。

東京地検特捜部 検事 加納祐介 [石黒 賢]

合田の元義兄であり、良き理解者。日之出ビール株の不穏な動きに目を向ける。

城山の姪 杉原佳子 [本仮屋ユイカ]

恋人の秦野孝之を交通事故で亡くし、悲しみに暮れる。伯父の城山が誘拐された原因が自分にあると悔いる。

城山の妹 杉原晴子 [手塚 理美]

誘拐事件以来、思い悩むことの多い夫・武郎のことを気遣う。夫の上司でもある兄・恭介に相談をする。

物井の孫 秦野孝之 [工藤阿須加]

日之出ビールへの就職を志望するも不採用になる。その後、交通事故を起こし死亡。

物井の娘 秦野美津子 [洞口 依子]

一人息子・孝之を大切に育ててきた。息子の死のことで、夫・浩之、父・清三を責める。

歯科医 秦野浩之 [伊藤洋三郎]

息子・孝之に対して就職差別があったと日之出ビールに抗議。その後、義伯父・岡村清二の解雇に関する音声CDを送りつける。

物井の兄 岡村清二 [伊藤幸純]

数十年前、日之出ビールに勤務していたが一方的に解雇される。その解雇の経緯を手紙に残す。

布川の娘 布川さち [柴田杏花]

布川の娘で障がいがある。通称“レディ”。父・淳一に連れられ、競馬のレースを見つめる。

「セルジェック」代表 菊地武史 [田中要次]

元東邦新聞記者で、現在は投資顧問会社「セルジェック」代表。岡田経友会と関係が深い。

「民自党」代議士 酒田泰一 [大和田伸也]

政財界に顔が利く、大物代議士。岡田経友会の田丸とつながりがあると噂される。

「岡田経友会」 構成員 西村真一 [高杉 亘]

田丸の部下。身分を偽り、秦野浩之に接触する。

「岡田経友会」 顧問 田丸善三 [中村嘉葎雄]

総会屋グループ「岡田経友会」の顧問。日之出ビール経営陣に対し、脅迫を長年続けてきた。