イントロダクション

荒んだ街の悩めるファミレスを救ったのは、陸上界を追放された異端のスプリンター 食い逃げキラーだった―。独特のテンポと疾走感あふれるスピード感で描くヒューマン・コメディ!

本作の主演を務めるのは第 40 回モントリオール世界映画祭での
ワールド・コンペティション部門への出品とともに最優秀美術賞を受賞し話題を呼んだ
『たたら侍』への主演や、シリーズ 4 作の累計興行収入が 57億円を突破し、累計動員 430 万人を突破する超大ヒットシリーズ「HiGH&LOW THE MOVIE」、コミカルな演技が話題を呼んだドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」など近年幅広い役柄を演じ出演作が相次いで話題を呼び、2016 年に歌手デビューも果たす今最も勢いのある俳優として活躍の場を広げている青柳 翔。

WOWOW ドラマ待望の初主演となる。
スタイリッシュで類まれな運動能力を活かし、個性豊かな食い逃げ犯たちを次々と捕まえる
異色のヒーロー “食い逃げキラー” を青柳がどのように演じるのか注目だ!

シナリオ大賞とは?

プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することと、その映像化を目的に創設された
「WOWOW シナリオ大賞」。2016 年に募集した「第 10 回 WOWOW シナリオ大賞」の応募総数 455 編の中から大賞を受賞した舘澤史岳氏の「食い逃げキラー」をこの度映像化!

脚本:舘澤史岳

食い逃げを実際に目撃したのは、2015 年夏のことです。レジで会計を待っていたそのお客さんは店員が来ないのに業を煮やし、店を出ていきました。
「ワンオペレーション VS 食い逃げ犯 !?」向かいの席から一部始終を見ていた私は…

ストーリー

物語の舞台は、食い逃げ犯たちに悩まされるというおかしな一軒のファミリーレストラン。
元陸上界のエース・川谷省吾は、ひょんなことから食い逃げを捕まえる “食い逃げキラー”としてスカウトされる。
食い逃げ撲滅に命を懸ける “バイトリーダー”、
バツイチ子持ちの“天然パートスタッフ”、
毎回サラダバーだけを注文する “謎の食い逃げ犯”。
個性豊かなキャラクターたちと向き合う中で、
省吾は自分の人生に足りなかったものに
気付いていく…。

食い逃げ犯と “食い逃げキラー” の狭い路地を縦横無尽に駆け巡る
ダイナミックなアクションチェイスバトルからも目が離せない。
アクションシーンの撮影に向けて青柳は目下陸上トレーニング中!

独特のテンポと 疾走感あふれるスピードで描かれた物語がどのように映像化されるのか、乞うご期待!

キャスト・スタッフ

青柳 翔 松本穂香 浅香航大 森永悠希 / 堀内敬子 竹中直人 石井正則 マキタスポーツ 森下能幸 中村育二 高橋 努

コメント:
主演・青柳 翔
(川谷省吾 役)

WOWOWドラマで初主演として「食い逃げキラー」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象

WOWOW ドラマ「食い逃げキラー」で初主演させて頂き

コメント:
監督・中前勇児

本作はWOWOWシナリオ大賞受賞作。最初に脚本を読んだ時に感じた疾走感と、パンチの効いた圧のようなのもを大切に、映像化に臨みたいと思います。過去を…

画像

スタッフ

脚本: 舘澤史岳
監督: 中前勇児
(「天皇の料理番」「銀と金」『ガキ☆ロック』)
音楽: 玉井健二&agehasprings
(YUKI「JOY」,Aimer「ONE」)
プロデューサー: 井口正俊 中沢晋 谷鹿夏希
協力プロデューサー: 羽鳥健一
画像

人物紹介

相関図
川谷省吾
食い逃げキラー

川谷省吾

青柳 翔

挫折した元陸上界のエース。俊足を見込まれ、食い逃げ犯を捕まえる要員として千秋に雇われる。大学時代は五輪の代表候補と目されたが、ある事故をきっかけに陸上界を去る

高瀬千秋
バイトリーダー

高瀬千秋

松本穂香

食い逃げ撲滅に命を懸けるバイトリーダー。心のこもった接客で人気者の店員

後藤明子
アルバイトスタッフ

後藤明子

堀内敬子

ベテランのアルバイトスタッフで千秋の良き理解者。小学生の息子を持つシングルマザー

南 二郎
アルバイトスタッフ

南 二郎

森永悠希

内気な大学二浪中のアルバイトスタッフ。恋心を抱く千秋を陰に陽に支えようとする。IT通

徳井重春
マネジャー

徳井重春

森下能幸

指示を聞かない千秋を疎ましく思っている。何事かを企み、省吾たちの邪魔をしようとする

ジェイソン
中華料理店・店主

通称・ジェイソン

竹中直人

包丁を持って食い逃げ犯を追うことから“ジェイソン”と呼ばれて恐れられていた

夏川順平
週刊誌記者

夏川順平

高橋 努

現役時代の省吾を取材していた元陸上競技雑誌記者で現ゴシップ誌記者。省吾の良き理解者

サラダバー純

サラダバー純

石井正則

サラダバー専門の常連食い逃げ犯。駅伝界の貴公子と呼ばれた大学生時代、同性愛に目覚める

ステーキの鉄

ステーキの鉄

マキタスポーツ

ワニーズのステーキが好物の常連食い逃げ犯。まきびしをまいて追っ手の追跡をかわしてきた

吉田翔

吉田翔

浅香航大

省吾の陸上選手時代のライバル。省吾との因縁を晴らすため食い逃げ犯として店に出没する

TOPへ戻る
コメント:舘澤史岳(脚本)

食い逃げを実際に目撃したのは、2015年夏のことです。レジで会計を待っていたそのお客さんは店員が来ないのに業を煮やし、店を出ていきました。「ワンオペレーションVS食い逃げ犯!?」向かいの席から一部始終を見ていた私は興奮していました。
出入り口のピンポンピンポンというセンサー音が試合開始を告げるゴングの音に聞こえたほどです。
しかし、やってきた店員に慌てる様子はありません。「またか」「しょうがない」みたいな顔で戻っていきました。
期待していたようなことは何も起こらず、がっかり…。調べてみたら“食い逃げ犯をなかったことにしている”のはあのお店に限ったことではなく、世の中全体だということを知りました。理由は、効率や採算、リスク管理など、色々です。
根が天邪鬼な私は、こう思いました。「だったら、みんなで食い逃げを追いかける話を作ってやる」
それがこの『食い逃げキラー』です。余談ですが、ここに至るまで私自身、何度か諦めて逃げ出しかけました。
無事、こうしてドラマ化を果たすことができたのは厳しくも温かく、追いかけてくださった周囲のみなさんのおかげです。
重ね重ねありがとうございます。
この物語が、窮屈な日常に笑いと興奮をもたらし閉塞感に少しでも風穴を空けてくれることを願っています。

コメント:青柳 翔(川谷省吾 役)

WOWOWドラマで初主演として「食い逃げキラー」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象

WOWOWドラマ「食い逃げキラー」で初主演させて頂き大変嬉しく、光栄に思っております。
今回「食い逃げキラー」という変わった題材で、おもしろくて、挑戦したいと思いやらせていただきたいと思いました。
中前監督とは以前ご一緒した事があり、とても信頼しています。
監督はじめ共演者、スタッフ一丸となり作っていけるよう集中して取り組みたいと思います。

主演を演じるにあたっての、表現したいこと、チャレンジしたいこと等、意気込み

WOWOW ドラマは好きで色々な作品を見ていた中で、今回シナリオ大賞受賞作のドラマの主演をやらせて頂くという事で、責任やプレッシャーは凄く感じていますが、今回の作品はテイストが少し違い、今までにない作品にしたいというスタッフさんの想いを聞き、それに答えるべく自分も今までの殻を破って、代表作と言われるようにしたいと思います。

見どころについて、視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

今回、スプリンターという初めて演じる役どころになり、元々、サッカーをやっていて走る事には慣れてはいますが、ブランクがかなりあるので、撮影前に集中して体力作りや走りの基礎を学んでます。
この物語を自分も楽しみながらがむしゃらに走って撮影に臨みたいと思います。
是非、「食い逃げキラー」放送を楽しみにしててください。

コメント:中前勇児(監督)

本作はWOWOWシナリオ大賞受賞作。
最初に脚本を読んだ時に感じた疾走感と、
パンチの効いた圧のようなのもを大切に、
映像化に臨みたいと思います。
過去を引きずった一人の男がいろんな人に出会い、
一つ一つ前に進み、成長していく物語。
笑って泣ける新・WOWOWドラマを目指します。

その他のWOWOWオリジナルドラマをご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの