メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

き
ん
ぴ
か

土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW きんぴか

キャスト

中井貴一 ユースケ・サンタマリア ピエール瀧 青柳翔 山本龍二 品川徹 三浦誠己 新妻聖子 村井國夫 岩松了 飯島直子 綿引勝彦 ほか
閉じる
もっと見る

COMMENT

中井貴一 (阪口健太役)コメント

連続ドラマW「きんぴか」へのご出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

私の敬愛する浅田さんの原作物で、今までのWOWOWのドラマとは少し違う物になりそうな予感がしました。
WOWOWの新しいドラマのパイオニアになれればと…。

今回演じられるヤクザ“阪口健太”の印象をお聞かせください。

役柄的にヤクザですが、今日本男子が忘れかけている義理や人情を重んじ、
不器用だけどまっすぐに生きる、アナログな昭和の男。

原作:浅田次郎作品へのご出演が4作品目ということですが、意気込みをお聞かせください。

浅田さんの原作の完成度が高いので、映像化することによって、クオリティーを下げない様に…と、
いつも心掛けています。出来ているかどうかはわかりませんが(笑)。

視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

社会派でありながら、コメディーの要素があり、エンタテイメントとして楽しめる作品として作り上げていきたいと思います。
是非、ご覧ください。

ユースケ・サンタマリア
(広橋秀彦役)コメント

WOWOWドラマ出演3度目となる「きんぴか」へのご出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

WOWOW久しぶりだなぁ~と思いました。
2度と声が掛からないものかと…

今回演じられる元 政治家秘書“広橋秀彦”の印象をお聞かせください。

誰にでもできそうで、でも実は僕にしかできない役(勝手にそう思っています)。

視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

WOWOWっぽさってあると思いますけど、ちょっとそこから頭一つ飛び出た作品になるようがんばります。

ピエール瀧 (大河原勲役)
コメント

連続ドラマW「きんぴか」へのご出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

中井貴一さんと共演させていただくのは奇妙且つ、光栄であります!ユースケは昔からの知り合いですが、
芝居のお仕事でしっかり絡むのは意外にも初めてなので、これも又、奇妙な感じです。

今回演じられる元 自衛隊一等陸曹“大河原 勲”の印象をお聞かせください。

部下思いの実直まじめな元自衛官の設定ですが、実直ならではの不器用さもあり、集団に一人いると有り難くもあり、めんどくさくもあるタイプの人間かと思います。

視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

原作自体は90年初期の作品ですが、今現在でも設定が活かせるのは原作の持つ強い力のおかげだと思います。
このキャスト、スタッフによってどうアレンジされるか楽しんでください。

東康之プロデューサーコメント

浅田次郎先生の作品をぜひともWOWOWでドラマ化したいと考えていました。なかでも90年代の名作「きんぴか」は、ヤクザと元政治家秘書と元自衛官という3人の悪漢たちが人間としての筋を通す作品。
20年の時を超え現代日本に警鐘を鳴らす作品として「WOWOWでしかできないドラマになる!」と確信してお願いしました。
主人公の健太役は、連続ドラマW初主演となる中井貴一さんに演じていただきます。背中で語るその佇まいと、
演技に対する厳しい姿勢がまさに本格ドラマを志向するWOWOWにぴったりだと考えてオファーしました。

原作

  • 
                      原作:
                      浅田次郎
                      「きんぴか」シリーズ(光文社文庫刊)

    1951年東京都に生まれる。1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞、
    1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で第117回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第13回柴田錬三郎賞、
    2006年『お腹召しませ』で第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で
    第42回吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で第64回毎日出版文化賞を受賞。
    多彩な作風で多くの読者を魅了し続けている。
    近著は『ブラック オア ホワイト』(新潮社)、『わが心のジェニファー』(小学館)

    浅田次郎 「きんぴか 1」(光文社文庫刊) 浅田次郎 「きんぴか 2」(光文社文庫刊) 浅田次郎 「きんぴか 3」(光文社文庫刊)

スタッフ

  • 
                      脚本:
                      久松真一
  • 
                      プロデュース:
                      東康之コメント
  • 
                      プロデューサー:
                      浅野澄美(FCC)
  • 
                      演出:
                      西浦正記(FCC)
blank