メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

「とんび」「流星ワゴン」など、人々を魅了し続けている
ヒューマンドラマ小説の名手・重松清の秀作を
沢村一樹主演、岡田惠和脚本、深川栄洋監督の最強タッグで連続ドラマ化

「希望ヶ丘の人びと」の場面写真

WOWOWでは、「ビタミンF」で直木賞を受賞した小説家・重松清の「希望ヶ丘の人びと」を初めて連続ドラマ化する。突然、妻を、母を失った家族が、亡き妻の故郷で四苦八苦しながら新しい生活を築いていく姿を描いた感動作である。脚本は、連続テレビ小説「おひさま」を手掛けた岡田惠和、監督は映画『神様のカルテ』の深川栄洋が務める

主演は連続ドラマW初出演となる沢村一樹。その妻役にはこちらも連続ドラマW初出演の和久井映見。沢村は、空回りしながらも子どもたちのために奮闘する“ちょっと駄目”な父親を魅力たっぷりに演じる。そんな主人公とは対照的に、
妻の初恋の人である伝説の不良を寺脇康文が演じる。
主人公の娘役は期待の若手女優・桜田ひより、愛らしい息子役は『そして父になる』の二宮慶多が演じる。その他、希望ヶ丘のユニークな住民たちに、伊藤かずえ六角精児宮川一朗太やついいちろう平泉成、といった個性豊かな俳優陣が顔をそろえる。

「子どもの『もしも』は未来に向いている。
でも、おとなの『もしも』は過去にしか向かわない」

この原作の言葉にあるように、この物語には、大人たちに必要な「勇気」と「純粋な心」が詰まっている。
明日への元気をもらえる、笑いあり、涙ありの心温まる爽やかな感動作。ぜひ家族そろってご覧ください。

閉じる
もっと見る

ストーリー

「希望ヶ丘の人びと」の場面写真

東京都内に住む田島(沢村一樹)は、妻・圭子(和久井映見)と、この春で中学2年生になる
美嘉(桜田ひより)、小学3年生になる
亮太(二宮慶多)とともに、幸せな日々を送っていた。しかしある日、圭子の体に末期がんが見つかる。圭子は家族に見守られながら、わずか3カ月でこの世を去ってしまう。家族の太陽だった妻を失い、心にぽっかり穴があいてしまった田島家は、これまでと変わらない日常を過ごそうと無理して笑顔を作っていた。しかし田島は、“忘れようとしたって、無理なんだ”と気付く。

そこで、圭子が育った町である「希望ヶ丘」に行き、圭子の思い出をたどって生きていこうと子どもたちに提案する。田島はそこで偶然、圭子の同級生、藤村香織(伊藤かずえ)に会い、今は空き家となっている圭子の旧家に足を運ぶ。思わず「ここに住まないか?」と言い出す田島に、子どもたちも賛同。こうして田島家は希望ヶ丘での新生活を始めるのだが…。

「希望ヶ丘の人びと」の場面写真
「希望ヶ丘の人びと」の場面写真
閉じる
もっと見る