キャスト・スタッフ

CAST

  • 中谷美紀
  • 桐谷健太
  • 国仲涼子
  • 大谷亮平
  • 鈴木浩介
  •  
  • 和田正人
  • 中村アン
  • 高月彩良
  • 眞島秀和
  • 赤堀雅秋
  • 酒井美紀
  • 丘みつ子
  • 田中要次
  • 秋吉久美子
  •  
  • 田中泯
  • 橋爪功
中谷美紀(日浦美月役)

コメント:
中谷美紀
(日浦美月役)

WOWOWドラマ初主演となる本作「片想い」への出演が決まった際のご感想、また台本を読んだ時の印象

初めて東野圭吾さんの作品を演じさせていただくこととなりましたが…

桐谷健太(西脇哲朗役)

コメント:
桐谷健太
(西脇哲朗役)

台本を読んだ際の印象

結末を知らない状況で読んでいて、物語がどのように進んでいくのかわからなかったので、すごく興味が湧きました。

国仲涼子(西脇理沙子役)

コメント:
国仲涼子
(西脇理沙子役)

台本を読んだ際の印象

最近「性同一性障害」が身近になっていると思っていて、すごくいい題材だなと思いました。ミステリーだけでなく、それぞれの登場人物の「心…

大谷亮平(早田幸弘役)

コメント:
大谷亮平
(早田幸弘役)

台本を読んだ際の印象

ずっとスポーツをやっていたので、共感できる部分があるなと思うところがあります。桐谷さん演じる哲朗とのシーンを通して、芝居をしながら…

鈴木浩介(中尾功輔役)

コメント:
鈴木浩介
(中尾功輔役)

台本を読んだ際の印象

頭にスイスイ入ってくる台本だなと思いました。会話をこれだけ丁寧に書いている脚本はなかなかないと思います。心の機微が丁寧に描かれてい…

和田正人(須貝誠役)

コメント:
和田正人
(須貝誠役)

人を想うという純粋な心の在り方を、底辺から覆される程の、人の愛の深さを感じさせられるドラマです。
僕が演じる須貝という人間は、一般的な真っ当なサラリーマンです…

原作

東野圭吾
「片想い」(文春文庫刊)

【プロフィール】
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。
エンジニアとして勤務しながら、85年、「放課後」で江戸川乱歩賞受賞。99年、「秘密」で日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で直木賞受賞。同書は本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝き、12年にはエドガー賞(MWA主催)候補作となった。同年、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で中央公論文芸賞、13年に「夢幻花」で柴田錬三郎賞、14年に「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞。「百夜行」「麒麟の翼」「マスカレード・ホテル」「真夏の方程式」「虚ろな十字架」「ラプラスの魔女」「素敵な日本人」など著書多数。幅広い作風で活躍し、圧倒的な人気を得ている。

東野圭吾「片想い」

コメント:
東野圭吾

「片想い」の映像化が決まった際の率直な気持ちと、ドラマに期待すること

ついにこの小説に挑む人たちが現れたか、と驚きました。未だに社会が答えを見つけられていない問題。しっかりと光を当ててくださることを願います。

STAFF

監督: 永田琴
(「連続ドラマW 東野圭吾「分身」」「連続ドラマW 東野圭吾「変身」」)

コメント

「なんのために生まれてきたんだろう」とよく考えます。
その答えはきっと一生見つからないでしょう。
ただ生まれて来たからには、幸せに生きたいと思うのが普通。このドラマの登場人物たちも同じです。…

脚本: 吉田紀子(「連続ドラマW 東野圭吾「変身」」)
音楽: 市川和則
プロデューサー: 藤原麻知 井上衛 黒沢淳 雫石瑞穂

コメント:
藤原麻知

本作の企画意図

「片想い」は、永遠に解けない“人間の心"を題材にした、大変重厚で社会派なミステリーです。原作が刊行された2001年よりは認知も広まって…

製作: WOWOW  テレパック
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの