イントロダクション

妻夫木聡、3年半ぶり連続ドラマ出演。人々の悪意にさらされ続けた女性死刑囚の無実を信じるひとりの男の駆け抜ける先に光はあるのか。慟哭と衝撃のベストセラーを映像化。

妻夫木聡が連続ドラマW初登場にして初主演。

妻夫木演じる佐々木慎一は、幼なじみの女性確定死刑囚が犯したとされる罪の真偽に疑問を感じる。彼女はなぜ死刑を受け入れたのか、そして彼女が犯した本当の罪とは何だったのか。死刑執行が迫る中、無実を信じ調査を進める慎一は、彼女の凄絶な半生を知るとともに、意外な真実にたどり着く。

原作は作家・早見和真の同名ヒューマン・サスペンス小説で、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作。発行部数が40万部を突破したベストセラーだ。また、監督は2017年に公開された、妻夫木主演の映画『愚行録』を手掛けた石川慶が担当している。

今回の企画の実現には連続ドラマに3年半ぶりに出演する
妻夫木聡自身が大きく関わっている。

早見和真は妻夫木の主演映画『ぼくたちの家族』(2014)の原作者。そして『愚行録』で妻夫木とタッグを組んだ監督の石川慶は今、世界が注目する異才。原作を読み映像化を強く望んだ妻夫木自身の想いが2人を結び付けたのだ。

画像

そして妻夫木の願いに応えるべく、
かつてない豪華かつ個性的な役者陣が集結した。

罪を犯したのかどうか、今彼女は何を思うのか、本当の想いを誰にも分からせないままなぜか皆を惹きつける女性確定死刑囚・田中幸乃役に、まごうことなく日本のトップ女優の一人で、妻夫木とは連続ドラマとしては「ランチの女王」(2002)以来の共演となる竹内結子、慎一とともに幸乃の幼なじみで正義派ながら腹に一物を持つ弁護士の丹下翔役に、多くの映画、ドラマで異彩を放つ新井浩文、幸乃と接する中で職務と人間性の間で揺れる刑務官・佐渡山瞳役にNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016)で主演、2018年1月期のフジテレビ系月9ドラマ「海月姫」でも主役を務める若き演技派・芳根京子

ほかに、余貴美子石橋蓮司ともさかりえ長谷川京子ら大作映画に劣らない顔ぶれが、WOWOWでしか実現しえない「本当の人間ドラマ」を描き出す。

画像
画像

STORY

「被告人を死刑に処す」。

佐々木慎一(妻夫木聡)は、幼なじみの田中幸乃(竹内結子)が、元交際相手の住むアパートに
火を放ち彼の妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける姿を法廷で見つめていた。
幼少期の幸乃を知り、そしてある負い目を持つ慎一は、彼女が真犯人ではないと直感。
幸乃を救いたい一心で、味方を探して幸乃の姉や中学校時代の同級生など
彼女の人生を知る様々な人々に会いに行くが、先々でその凄絶な過去を聞かされることになる。

そしてともに幸乃の幼なじみで弁護士の丹下翔(新井浩文)と再会するも
次第に意見が合わなくなっていく。一方で近づいてくる死刑の時を淡々と待つ幸乃。

刑務官の佐渡山瞳(芳根京子)は、その姿になぜか惹かれ始めていた。

画像

「連続ドラマW イノセント・デイズ」を見るならWOWOW

ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank