閉じる

門脇麦 コメント

波多野監督とは今作が2回目で、またご一緒出来ることがまず何より嬉しく幸せでした。 回想シーンで登場する役ということもあり、断片的に描かれた役をどう消化して埋めていくか不安もありましたが、 衣装、ヘアメイク、セットにも助けられながら、台本と現場の空気と世界観にひたすら身を委ね続けた濃密な時間でした。丁寧に作られた映像と合わせて楽しんでいただけたらと 思います。