メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション
世界的大ヒット海外ドラマ
「コールドケース」の日本版を吉田羊主演で制作。
未解決事件を追うごとに明らかになるさまざまな人間ドラマ。
時を経て、今、真実の扉が開かれる。

イントロダクション

WOWOW 開局25周年記念企画として、
世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版を、
WOWOW オリジナルドラマとして制作する。

2003年から2010年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録した「コールドケース」。未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く本作を、アメリカ国外で制作するのは今回が世界初。

日本版は神奈川を舞台に、主人公の刑事とそのチームが未解決事件の真相を解明していく。主演は今最も旬な女優・吉田羊

本作が連続ドラマ初主演となる吉田だが、
「初主演という気負いはなく、チーム全員でゴールへ向かって走っていくスタイルが心地よく、私らしい初主演作品」と団結力をアピール。
その、吉田とともに未解決事件に挑む強力なチームに永山絢斗
滝藤賢一光石研という個性的かつ魅力的な俳優陣が集結。
さらにチームを温かく見守るボス役を圧倒的な存在感のある三浦友和が演じる。

2003年から2010年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録した「コールドケース」。未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く本作を、アメリカ国外で制作するのは今回が世界初。 日本版は神奈川を舞台に、主人公の刑事とそのチームが未解決事件の真相を解明していく。主演は今最も旬な女優・吉田羊

本作が連続ドラマ初主演となる吉田だが、「初主演という気負いはなく、チーム全員でゴールへ向かって走っていくスタイルが心地よく、私らしい初主演作品」と団結力をアピール。その、吉田とともに未解決事件に挑む強力なチームに永山絢斗滝藤賢一光石研という個性的かつ魅力的な俳優陣が集結。 さらにチームを温かく見守るボス役を圧倒的な存在感のある三浦友和が演じる。

イントロダクション画像1

各話のさまざまな時代設定に応じて、カメラやレンズを使い分け、
みごとにその時代を再現した迫力の映像にも注目だ。
全10話というボリュームでお届けする日本版「コールドケース」をお見逃しなく。

閉じる
もっと見る

ストーリー

ストーリー

1996年冬、19歳の青年・工藤順一が「お父さん。僕は自由です。さようなら」と書かれた紙を胸に、自宅前で絶命。その事件の資料は“未送致”として神奈川県警の倉庫にしまわれた―。
時は流れ、2015年春。横浜市街で起きた母子殺害事件の現場にいた神奈川県警・捜査一課の刑事、石川百合(吉田羊)に、来客の連絡が入る。県警に戻った百合を待っていた外国人女性は、「1996年1月に殺人を見た…」と語りだす。
それは19年前、工藤順一の遺体が捨てられたのを目撃したという新たな証言だった。

ストーリー画像1
ストーリー画像2

再捜査の価値があると判断した百合は、課長代理である
本木秀俊(三浦友和)の指示のもと、立川大輔(滝藤賢一)金子徹(光石研)と、異動してきたばかりの
高木信次郎(永山絢斗)とともに再捜査を始める。

数々の未解決事件の閉ざされた真実を暴き出すため、
最高のチームワークを見せる捜査一課が今、動き出す!

閉じる
もっと見る
コールドケースとは?
「コールドケース」は、2003年から2010年まで、全7シーズンにわたってアメリカ合衆国のCBSで放送されていた刑事ドラマシリーズ。未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描く本作は、事件が起きた当時のヒット曲を劇中で使用する演出手法が視聴者から高い支持を得て、本国アメリカでは全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作となった。本作がアメリカ国外で制作されるのはこれが世界初。オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、本作では舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決していく。
全10話のメガホンを取るのは、大ヒット「SP」シリーズを手掛けた、ダイナミックさと繊細さを併せ持つ演出に定評のある波多野貴文監督。脚本は、映画『64-ロクヨン-前編/後編』や第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した『ヘヴンズ ストーリー』の監督である瀬々敬久、その他、新進気鋭の映画監督の吉田康弘、さまざまな舞台を手掛け多岐にわたる活躍を見せる演出家・蓬莱竜太、『ハゲタカ』を手掛けた名匠・林宏司が名を連ねる。
もっと見る
閉じる
ここでしか見られない
オフショット多数公開中!
連続ドラマW コールドケース~真実の扉~ 公式Instagram
4K HDR 最高画質の表現技術

本作は、日本初でRED Digital Cinema社WEAPONを使用し、全編4K・HDRで製作した。4Kとは、映像の解像度を表す言葉で、HDRは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」と言い、映像に記録できる明るさ情報(輝度)の再現幅を拡大する技術であり、現在の映像業界では、最高レベルの表現技術となる。

さらに、本作特有の古い時代の回想シーンをフィルムで撮影。スーパー16mmフィルムで撮り下ろし、これをデジタル処理し4K・HDR制作を行なうのも同時に日本初である。最新技術とフィルムの併用で、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を圧倒的な映像美で表現する。

4K HDR 最高画質の表現技術
撮影監督
山田康介コメント

(左から)山田撮影監督、波多野監督

4K HDRとは、高精細、高輝度な新しい表現方法です。人間の見た目に近い映像を求めることは、世界的にも必然の流れです。まるでその場にいるかのような臨場感は、ライブ映像やスポーツ中継では大きな恩恵を受けることができるでしょう。では今回の様なTVドラマではどうでしょう?なかなか想像するのは難しいと思います。ドラマや映画を現実の世界のように生っぽく見ることは、かえって没入感を損なうことにも繋がります。その反面、従来のSDRでは表現できなかったハイライトの階調や広い色域を使うことができ、より深みのある映像に仕上げることができます。コールドケースを4K HDRで制作することになり、これらの内容を踏まえ、新しく、美しい映像を作り上げることができました。

(左から)山田撮影監督、波多野監督

(左から)山田撮影監督、波多野監督

早く日本で4K HDR放送が実現することを願いつつ、皆様に素晴らしい映像とドラマの融合を観ていただけるよう、全10話を仕上げていきたいと思っています。お楽しみに!

もっと見る
閉じる