イントロダクション

『廃墟に乞う』『警官の血』など数々の
警察小説を手掛けてきた
直木賞作家・佐々木譲の初の法廷小説を
WOWOWにて連続ドラマ化!
主演に永作博美をむかえ、豪華キャストで
おくるリーガルサスペンス!!

警察小説では書きにくい逮捕後のドラマを描けると思いました、と語る佐々木氏。裁判員制度導入後の法廷劇は見事なまでに緻密に描かれている。法廷劇だけではなく、警視庁と埼玉県警によって繰り広げられる緊迫の逮捕劇も魅力のひとつだ。さらに、事件を過熱報道し世論を誘導するマスコミや、貧困が生み出す現代社会の実態など、多くの社会的要素を盛り込んだ本作。WOWOWだからこそ描ける社会派の傑作ミステリーが誕生した。脚本は、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」などを手がけた尾崎将也氏らが担当する。


永作博美が演じるのは、老人の不審死が連続して起こるなか、捜査線上に浮上する家事代行の山本美紀。ドラマは、本作のキーパーソンとなる山本美紀に対して、警察、弁護士、マスコミ、そして彼女を信じる者・・・それぞれの立場からの視点が過熱し展開されていく。悪女なのか、淑女なのか、見る者をも翻弄するほどの圧倒的な表現力で見事に体現する。市原隼人杉本哲太田中哲司など映画、ドラマで活躍中の実力派キャスト陣が集結し、重厚なサスペンスドラマを盛り上げていく。


連続する老人の不審死。捜査線上に浮上したのは家事代行の女だった!
無罪を主張する女は、証言台で突然口を閉ざす――。
刑事・法廷ドラマが融合した傑作ミステリーの決定版!

イントロ画像

ストーリー

高見沢弘志(市原隼人)は、突然消えた恋人を忘れられず、ずっと行方を捜していた。その頃、都内でひとり暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。所轄の刑事・伊室真治(杉本哲太)西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから家事代行業の女・山本美紀(永作博美)に行き着く。伊室らは警視庁捜査一課と合流し、美紀宅に急行するが、一足違いで埼玉県警に彼女の身柄を拘束される。その現場に居合わせた弘志。やっと見つけた彼女は、警察に連れて行かれてしまった。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱する。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、彼女の真実を探るため奔走する。それぞれが抱く美紀の人物像は十人十色。その上、美紀は裁判中に、突然黙秘し、事件は迷走していく。彼女は悪女かー、淑女かー。

ストーリー画像
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの