イントロダクション

伊坂幸太郎 小説 初の連続ドラマ化!「バイバイ、ブラックバード」。原作は、2009年、「ゆうびん小説」(※)として書き下ろされたベストセラー小説  主演に高良健吾、そのお目付け役として城田優を迎え、伊坂幸太郎の小説としては初の連続ドラマ化。読む人を惹きつけてやまない伊坂ワールド、全6話にわたりWOWOWの「連続ドラマW」で放送決定!

※…書店で配布されているフリーペーパー「LOVE書店!」に付いている応募券を送った読者の中から、
抽選で1話につき50名限定に郵送で届けられた小説のこと。

画像

2008年「ゴールデンスランバー」で
第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞など、
数多くの賞を受賞している人気作家、
伊坂幸太郎。

「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」「死神の精度」「重力ピエロ」など、これまで数多くの名作が映画化されてきたが、意外なことに伊坂作品の連続ドラマ化は初!
老若男女問わず幅広い原作ファンも注目の本作に期待が高まる。

画像

このドラマの最大の見どころは、
多額の借金を抱えた5股男を演じる高良健吾と、
城田優演じる謎の組織から見張りとして送り込まれた“怪女”との凸凹コンビが、テンポよくトップギアで繰り広げる会話劇!

会って惹かれる女性すべてと付き合うので、いつの間にか5股をかけてしまった星野一彦(高良健吾)。シンプルに言うとダメ男なのだが、何故か憎めず、人の懐にスルっと入ってくるようなキャラクターだ。

その星野を監視するのが強烈なインパクトを放つ異色のヒロイン、繭美(城田優)。「身長3m、体重200kg、金髪でハーフ」と本人もうそぶく男性プロレスラー並みの体型。
そのうえ「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」など、自分に必要のない単語を黒く塗りつぶした“マイ辞書”を持っており、誰に向かっても「おまえ」呼ばわり、言動は常に破壊性を帯びている。

画像
そんな掴みどころのない星野と繭美のバディが織りなす、5人の女性に別れを告げるなんとも不思議な数日間を描いた「グッド・バイ」ストーリー。果たして“死よりも深い恐怖”が待つ<あのバス>に乗る星野の運命とは…!
デビューから10年を経て伊坂幸太郎が到達した痛快な傑作が、 連続ドラマでどう描かれていくのか…乞うご期待!

ストーリー

“ある組織”への、多額の借金の清算として「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に<あのバス>で連れ去られるという運命が待ち受ける主人公・星野一彦(高良健吾)
そんな星野の願いは、<あのバス>で連れて行かれる前に、5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げること。
そんな彼のお目付け役として“お別れ行脚”に付き合うことになったのが、怪異な外見と毒舌を発揮する 繭美(城田優)
監視役の繭美と共に「大切な人にさよならを告げる」日々がスタートする…!

~ 別れさせられる5人の彼女たち ~
画像
~ その他、各話に登場する謎キャラたちからも目が離せない ~
画像
画像
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの