Character

写真をタップクリックして詳細をチェック

相関図
水野優希
出版関係の調査員

水野優希

松下奈緒

仙台出身で、元・宮城警察の警察官。真面目で正義感が強く、調査に夢中になると周りが見えなくなることもある。3年前、当時フリーランスだった漫画編集者・醍醐とともに、漫画家・阿島文哉のスタジオ(アジマプロ)に残されていた画稿の謎を解明した実績がある。

醍醐真司
新編集長

醍醐真司

古田新太

ヘソ曲がりでアクが強い。無表情な顔と相手をにらみつけてしまう悪癖のためか、第一印象は最悪である。かつては大手出版社・英人社の社員で敏腕編集者だったが、独立。漫画の薀蓄を語らせたら右に出る者はいない。逡巡するも『漫画ブレイブ』の編集長の仕事を引き受ける。

南部正春
伝説の編集者『漫画ブレイブ』前編集長

南部正春

岩松了

大手出版社・鳳凰社の漫画雑誌でヒット作を連発し、伝説の編集長となる。定年退職から10年が経ち、想起社の『漫画ブレイブ』で再び編集長の座に。弁が立つ分、酔って相手をこき下ろし、人を不愉快にする天才。

小城利勝
二代目社長

小城利勝

平泉成

昔は超ワンマンだったが、今は息子の専務に気を遣っている。部数が激減している『漫画ブレイブ』の編集長に醍醐を誘う。

小城利則
専務

小城利則

阿部翔平

利勝の息子で次期社長。育ちの良さと傲慢さを持つ。信賞必罰をモットーとする。

堀尾 智
広告宣伝部部長

堀尾 智

津田寛治

『漫画ブレイブ』の二代前の編集長。部下想いで腰が低い。ヒット漫画『パシリ刑事』を興した。編集長の仕事に挑む醍醐の相談相手でもある。

伊東昇太
アルバイトの編集アシスタント

伊東昇太

白石隼也

漫画が好きで編集者を目指しているが、就活に失敗し、想起社でアルバイトとして働いている。典型的な「ゆとり世代」の男子。漫画『ONE PIECE』をこよなく愛している。醍醐からの指示で、醍醐と優希の調査のサポートをすることに。

綿貫義正
正社員

綿貫義正

今野浩喜

『オシメ替えたか』『パニック同盟』担当。社長の恩人の孫。編集者の仕事にやる気が感じられず、担当漫画についてもどこか他人事。醍醐に対しても挑戦的な態度を取る。

石田陽一
副編集長、契約社員

石田陽一

田鍋謙一郎

『スナイパー卓』担当。陽気で優しく、ムードメーカー的存在。

田村 圭
契約社員

田村 圭

水橋研二

『極(ごく)メン』担当。南部から唯一見込まれていた編集者。

川端哲史
契約社員

川端哲史

橋本一郎

一番人気『パシリ刑事(ポリス)』担当の編集者。前向きで仕事熱心。

武井隼人
正社員

武井隼人

金井勇太

『ライララ商事株式会社』担当の若手編集者。正社員同士でつるみ、契約社員の部員たちとは一線を引いている。

南部加代子
南部の妻

南部加代子

八木亜希子

南部の定年後に別居。それ以降、ほとんど会っていない。さばさばしているようで情に厚い。南部のことを「豪放磊落だけど小心者。誠実だけど嘘つき」だと語っている。

渡辺治子
南部の愛人

渡辺治子

片岡礼子

新宿の飲み屋のママ。病気を抱えている。南部が本音を語った数少ない人物。

塚本宗介
鳳凰社時代の南部の後輩

塚本宗介

橋爪淳

鳳凰社を定年後、美大の漫画コースで教鞭を取っている。南部とは喧嘩ばかりだったが、尊敬もしていた。南部の編集者としての凄さを理解している。

庄野孝之
キウイ社社長、鳳凰社時代の南部の後輩

庄野孝之

冨家規政

南部が就任を固辞したため代わりに編集プロダクション『キウイ社』の社長になった。周囲からは犬猿の仲だと思われていた。南部が生前に「ある願い」を持ちかけた人物。

若松宏
漫画家『パシリ刑事』の作者

若松宏

橋本じゅん

『漫画ブレイブ』の看板で、最長連載のヒット漫画の作者。南部からは打ち切りを言い渡されていた。

校条啓蔵
幻の漫画家

校条(めんじょう)啓蔵

田中泯

戦後姿を消した『幻の漫画家』。画力だけでなく、ストーリーテリングも超一流の力を持つ。波瀾万丈な半生で、南部の死の真相と深い関わりを持つ。

三浦太一
古書店店主

三浦太一

小宮浩信(三四郎)

典型的なオタクで情報通。オタク界隈で有名人である優希に近づく機会が巡ってくる。

???
喫茶店マスター

???

温水洋一

醍醐は店にスナック菓子をキープしているが、許可を出した覚えはない。醍醐と優希の会話に耳を傾け、時として調査のヒントとなる一言を放つことがある。

矢島友之
優希の父の同僚、元刑事

矢島友之

森本レオ

定年退職後、兄の経営するスーパーで取締役兼警備主任をつとめていたが、引退している。優希の良き相談相手で、事件に関する情報収集に協力する。

寺田幹男
優希の元夫

寺田幹男

野間口徹

優希と別れた後、税理士として独立、現在は再婚に向けて婚活中。実は3年前から醍醐にいいように使われている。

宮脇亜希
優希の姉

宮脇亜希

吉沢梨絵

優希が母の介護から逃げるために上京したと思い込んでいる。父の死因を巡っても意見が合わず、姉妹関係は悪化したままだ。

阿島淑子
アジマプロの社長

阿島淑子

真野響子

巨匠の漫画家・阿島文哉の未亡人。3年ぶりに優希に調査を依頼することに。優希のことを「探偵」だと思い込んでいる。

竹内康介
ライツ部部長

竹内康介

前野朋哉

阿島のファンクラブ出身で昔の漫画にも造詣が深い。小心者で常にオドオドしている。

「連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件」を見るならWOWOW

ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank