新着番組
連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件

連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件
放送予定日

2018年3月31日(土)スタート(全5話)
[第1話無料放送]


毎週土曜よる10:00

あの名コンビが帰ってくる!反響を呼んだ異色ミステリー「闇の伴走者」の続編を放送。松下奈緒演じる調査員と古田新太演じる漫画編集者が伝説の編集長の死の真相に迫る。

2015年春、異色のクライムサスペンスドラマとして評判を呼んだ「闇の伴走者」。その原作小説の続編『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(新潮社刊行予定)が、漫画界の奇才・長崎尚志によって出版されることとなった。そこでWOWOWは「闇の伴走者~編集長の条件」として連続ドラマ化第2弾を決定。前作で監督を務めた三木孝浩は映画でヒット作を連発し、今や日本を代表する監督のひとりに。今作は謎解きと人間ドラマが交錯する異色のヒューマンミステリーだが、再び同監督がその手腕を発揮する。さらに、松下奈緒と古田新太のW主演コンビがまたもタッグを組み、複雑怪奇な事件を風変わりかつユーモラスなやり取りも交えて解明してゆく。また劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿は、森秀樹、田中圭一、土山しげる、そして平松伸二ら超一流の漫画家陣の手により実現!漫画マニア垂涎のこの点にもご注目頂きたい。サスペンスとしてのドキドキ感に加え、人間の「再起」という作品のテーマにおいても、観た方に必ずや深い感銘を与えることをお約束したい。

<ストーリー>
かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任した。しかしその直後にビルの屋上から転落死。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理をした。だがその死には、不可解な謎が多く残されていた。あの人なら殺されても仕方がないと言う編集部員や周囲の人々。「他殺か、自殺か?」――出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田新太)は、再びコンビを組み、伝説の編集長の死の解明に乗り出す。手がかりは故人が残した作者不明の古い漫画画稿。二人は調査を進め、やがて戦後最大の謎「下山事件」に辿りつく。その背後には、「下山事件」を実にリアルに描写した謎の漫画家の存在が! 戦後最大の謎の真相とは?伝説の編集長の死と「下山事件」、そして謎の漫画の関係は? 優希と醍醐が行き着いた驚愕の「真実」とは!?

関連情報

原作:
長崎尚志『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(新潮社刊行予定)
監督:
三木孝浩(「連続ドラマW 闇の伴走者」『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
脚本:
阿相クミコ(「連続ドラマW 闇の伴走者」「マルモのおきて」「カインとアベル」) 
漫画担当:
森秀樹(『腕~駿河城御前試合~』『墨攻』 )
田中圭一(『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』『神罰』)
漫画協力:
平松伸二(『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』)
土山しげる(『食キング』『喰いしん坊!』)
音楽:
グランドファンク(「連続ドラマW 闇の伴走者」『海街diary』『告白』)
プロデュース:
羽鳥健一(「貴族探偵」「ようこそ、わが家へ」「鬼平犯科帳 THE FINAL」)
喜多麗子(「連続ドラマW 闇の伴走者」「眠れる森」「恋人よ」)
プロデューサー:
川田尚広(「連続ドラマW 闇の伴走者」『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)

出演:
松下奈緒 古田新太(W主演)ほか

コメント

松下奈緒(水野優希役)

「連続ドラマW 闇の伴走者」に続いて、再び水野優希を演じることが決定した際のお気持ち
率直にパート2が叶って嬉しいです。
パート1のときもそうでしたが、本当に脚本がまた面白く、漫画という切り口から事件が始まっていくストーリーに今回のパート2も楽しみでなりません。

閉じる

松下奈緒(水野優希役)

「連続ドラマW 闇の伴走者」に続いて、再び水野優希を演じることが決定した際のお気持ち
率直にパート2が叶って嬉しいです。
パート1のときもそうでしたが、本当に脚本がまた面白く、漫画という切り口から事件が始まっていくストーリーに今回のパート2も楽しみでなりません。

古田新太さん演じる醍醐真司との再タッグについての感想
また古田さんとご一緒させていただけてとても嬉しいです。
噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからないそんな2人がくり広げる事件解決への道のりを古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当に嬉しいです。

本作「闇の伴走者~編集長の条件」の脚本を読んだ感想
何度読んでも面白くて鳥肌たち、夢中で読ませていただきました。続きがすごく気になるし、出てくる人全員が怪しい(笑)いろんな伏線を回収したときの爽快感は気持ちのいいものでした。でもサスペンス的な面白さもそうですが、パート1とは違って、醍醐も優希も何かが変化している。優希の父の不審な死の真相についても楽しみにしています。

視聴者へのメッセージ(見どころなど)
パート2として戻ってこられてとても嬉しいです。
漫画探偵…じゃなく調査員として、前回同様走り回りたいと思います。

古田新太(醍醐真司役)

「連続ドラマW 闇の伴走者」に続いて、再び醍醐真司を演じることが決定した際のお気持ち
あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか…。

閉じる

古田新太(醍醐真司役)

「連続ドラマW 闇の伴走者」に続いて、再び醍醐真司を演じることが決定した際のお気持ち
あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか…。

松下奈緒さん演じる水野優希との再タッグについての感想
そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ。

本作「闇の伴走者~編集長の条件」の脚本を読んだ感想
今回も面白かった。読み終わってすぐに「こいつは困った」と思いました。作品が面白く無くなってたら完全においらたちのせいになると。

視聴者へのメッセージ(見どころなど)
また楽しいミステリーになると思います。前回くらいのクオリティを保とうと思います。お楽しみに。

三木孝浩監督

「闇の伴走者」に続いての監督となりますが、意気込みをお聞かせください。
前回が僕にとってミステリーに初挑戦した作品だったので、この世界を再び描かせてもらえることを本当に嬉しく思います。

閉じる

三木孝浩監督

「闇の伴走者」に続いての監督となりますが、意気込みをお聞かせください。
前回が僕にとってミステリーに初挑戦した作品だったので、この世界を再び描かせてもらえることを本当に嬉しく思います。

前作に引き続きW主演を務める、松下奈緒さん&古田新太さんに期待することをお聞かせください。
今回は「再起」の物語です。人生の道半ばで立ち止まってしまった人達が、もがきながらも己のあるべき姿を暗闇の中から手繰り寄せ、一歩前へと踏み出す瞬間を描きたいと思っています。
前作同様に漫画を題材にしたミステリーという形を取りながらも全ての大人たちの応援歌になるようなそんなドラマにしたいです。

本作で特に注目してほしい点がございましたら、教えてください。
松下さん演じる優希と古田さん演じる醍醐の素敵凸凹コンビの復活にご期待ください!

ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

15程度※1で視聴スタート!

ご加入はこちら

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの