25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

イントロダクション

『MASTERキートン』などの原作・脚本を手がけた長崎尚志のミステリー小説を連続ドラマ化!

巨匠が遺した漫画から迷宮入り事件の真相に迫っていく!
数々の漫画原作・脚本を手がけた長崎尚志の小説を連続ドラマ化する。キャストは、WOWOWの連続ドラマ初主演の松下奈緒古田新太のW主演コンビが誕生した! 松下が演じる元警察官で出版業界メインの調査員と、古田が演じる偏屈だけど漫画編集者としては奇才!というワクワク感満載な異色のコンビが謎に挑んでいく。

そして、長崎尚志ならではの斬新な展開が待ち構えている。漫画界の巨匠が遺した未発表原稿の特長や道具から推測し、迷宮入り事件の真犯人を炙り出していく、という奇想天外なストーリーだ。

また、謎の漫画は田中圭一が手がけ、鍵を握る漫画は伊藤潤二が担当する。脚本はアニメを多く手がける佐藤大らが。監督は恋愛映画の旗手、三木孝浩がミステリーに初挑戦する。他キャストには、平田満田中哲司要潤藤井美菜温水洋一池田鉄洋真野響子森本レオらの個性派が。未だかつて観たことのない新感覚のクライム・ミステリーのドラマがWOWOW に誕生する。

ストーリー

巨匠で人気漫画家の阿島文哉(ベンガル)の一周忌に未発表作品が発見された。その隣りにはなぜか35年前の未解決連続女性失踪事件の記事も置かれていた――。
作品の作画は阿島そのものだが、作風に疑問を持った阿島夫人(真野響子)は、本当に夫の作品なのか調べるよう、アジマプロの部長(要潤)に指示を出す。
そこで、漫画に疎い元警察官で調査員の水野優希(松下奈緒)と、漫画の蘊蓄を語らせたら右に出る者がいないフリーの漫画編集者・醍醐真司(古田新太)が真偽を調査することになった。醍醐はその物語の構成、構図、背景やシャドーの描き方、癖、ペンや道具の種類などから描かれた年代と作者を炙り出していく。その博識と推理力には、元部下で大手出版社の副編集長(田中哲司)もうなるほどだった。ところが調査を進めていくうち、漫画の中に35年前の未解決事件と酷似している箇所を発見し、恐ろしくも哀しい真犯人の手がかりまでもが潜んでいたことに気づいてしまう優希と醍醐。だがそれは、新たな事件の幕開けに過ぎなかった。

果たして迷宮入り事件の真犯人は阿島なのか!? 別の人物ならば一体どんな目的で、誰の為に描かれた作品なのか!? 漫画の中の“闇”の正体とは!? 勘と体力には自信がある優希と、漫画をこよなく愛し、常に食欲満載の醍醐はぶつかり合いながらも命を張って難事件の謎を解き明かしていく。