閉じる

漫画担当:田中圭一

本ドラマで「天才マンガ家の遺した謎の原稿」を担当させていただくことになりました。原作を読んでみて、「マンガ界の巨匠たちとライバル関係だったマンガ家、その天才的な筆致は…」という設定に背筋が寒くなりました。そんなの「マンガ界のモノマネ芸人」である私に描けるの? しかし、これに挑まなければマンガ家として「負け」になる、そういう気持ちで執筆することにしました。 80年代に描かれたであろうという設定の原稿なので、あの当時にしか使われていなかった道具を揃えて、80年代風の筆致も完全再現いたしました。今では、この原稿がドラマをいっそう面白く引き立ててくれるのではないかと自信を持っています。