イントロダクション

刑事  有馬英治 弁護士 世良章一 検察官 春名美鈴
ニューウェーブ警察ミステリー小説「エウレカの確率」 シリーズなどで注目を集めた石川智健の人気ミステリー小説「60 誤判対策室」を主演に舘ひろしを迎え、WOWOWドラマ初監督となる熊切和嘉により連続ドラマ化!
画像

本作は、60歳の定年を控える刑事・有馬(舘ひろし)
若手弁護士・世良(古川雄輝)女性検察官・春名(星野真里)の3人が所属する、国の政策で創設された、死刑囚の冤罪の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台に繰り広げられる本格ミステリー。

有馬には、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去があった。
「誤判対策室」所属後、定年までの日々を惰性で過ごす中、ある時一つの事件の情報を入手する。かつての事件への贖罪の気持ちと冤罪事件の可能性を疑い調査を進めると、一人の死刑囚にたどり着く。そして多くの謎に突き当たりながらも次第に隠されていた真実が次々と浮かび上がってくる。

死刑囚の死刑執行というタイムリミットが迫る中、刑事・弁護士・検察官、登場人物それぞれの戦いがひとつになるとき、息もつかせない程のスピードと緊迫感を持って物語はクライマックスへと向かって進んでいくー。
画像

主演の舘ひろしが演じるのは定年を目前に控えたベテラン刑事・有馬英治。有馬は男として刑事として60歳という節目を前に葛藤を抱えながらも、とある事件の死刑囚の冤罪の可能性に人生をかけて挑んでいく。WOWOW「連続ドラマW」としては初となる舘ひろしの主演が実現した。

さらに「誤判対策室」に所属する若手弁護士・世良章一を古川雄輝が演じる。13年放送「イタズラなKiss~Love in TOKYO」の入江直樹役で大ブレイクし、その後も連続テレビ小説「べっぴんさん」、日韓合作映画『風の色』主演など、今もっとも注目されている若手俳優の一人である。有馬の言動に疑いを持ちながらも、有馬の熱意に押されながら再調査に協力していく。そして有馬と世良のもう一人のパートナーとなる女性検察官・春名美鈴役には、人気ドラマ「3年B組金八先生」シリーズに出演のほか、数々のドラマ・映画で活躍する実力派女優の星野真里。検察庁にいち早く戻るために「誤判対策室」では上司の検事からの指示で行動する春名、しかし次第に有馬と世良、そして冤罪事件と向き合っていく。

画像

彼らに加えて物語のカギを握る登場人物にも実力派キャストが揃った。春名の上司検事・西島慎太郎役に村上淳、詐欺集団の首謀者・矢野高虎役を赤堀雅秋、高虎の妻・矢野琴乃役をハマカワフミエ、有馬の通う風俗店の風俗嬢・マミ役を酒井若菜、冤罪被害者・中倉徹役を竹原ピストル、そして死刑囚・古内博文役を康すおんが演じる。個性豊かなキャストたちが事件の重要人物として存在感を放ち物語を彩っていく。

そして、本作の監督を務めるのは、これまで映画『海炭市叙景』『私の男』
『武曲 MUKOKU』など、多くの話題作を生み出し日本映画史に衝撃を与え、国際舞台でも活躍を続けてきた熊切和嘉。WOWOW連続ドラマ初監督に挑む。さらに脚本を映画『武曲 MUKOKU』でも熊切監督とタッグを組んだ高田亮が担当。2人によって原作に新たな脚色が加わり、濃厚で濃密な人間ドラマが描かれる。死刑執行まであとわずか、圧巻のタイムリミット・サスペンスが誕生した!

Story

画像

ベテラン刑事・有馬英治(舘ひろし)は、国策で創設された機関「誤判対策室」で60歳の定年を迎えようとしていた。死刑囚の冤罪の可能性を調査する「誤判対策室」には有馬のほかに若手エリート弁護士・世良章一(古川雄輝)と検察庁から左遷された検事の春名美鈴(星野真里)が所属する。凄腕で知られた有馬だったが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去があった。

世良と春名をよそに、定年までを惰性で過ごす有馬にとって「誤判対策室」での日々はどうでもよかったが、ある時一つの事件の情報を入手する。なぜか有馬は取り憑かれたようにその事件を調べ、一人の確定死刑囚・古内博文(康すおん)にたどり着く。かつての事件への贖罪の気持ちと冤罪を疑い必死になる有馬はついに隠されていた真実をみつけるが、すでに古内の死刑執行は迫っていた。

画像

「連続ドラマW 60 誤判対策室」
を見るならWOWOW

ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank