25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

スキャンダル5 託された秘密

※この作品は、クローズドキャプション対応番組です

ホワイトハウスを舞台にした、ラブサスペンスが禁断の第5章へ!セレブのスキャンダルの封印に奔走する、オリヴィア・ポープの波乱に満ちた活躍を描く。

動画

閉じる
もっと見る

ストーリー

スキャンダルをもみ消す“フィクサー”のオリヴィアは、CIAの秘密組織“B613”の元リーダーである父親ローワンが陰謀を企て続けることに耐えられなくなり、彼を刑務所に送り込む。また元“B613”のジェイクと別れたオリヴィアは、上院議員に当選した妻メリーと首席補佐官サイラスを官邸から追い出したグラント大統領とまた密会するように。一方、オリヴィアの部下であるハックとクインは、ハックのある行動を機に対立し合う。

新シーズン、カレドニアから女王の一家が訪米するが、アメリカ出身の皇太子妃は交通事故で命を落とす。女王はオリヴィアに、パパラッチに撮られた皇太子妃の遺体の写真を回収するよう依頼する。

閉じる
もっと見る

エピソード

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
  21. 21
閉じる

キャスト

オリヴィア・ポープ

ケリー・ワシントン

声・皆川純子

元ホワイトハウス広報担当の敏腕フィクサー。メリーがいなくなったホワイトハウスで密かに大統領のフィッツと甘い時を過ごしていたが、二人の不倫がテレビで報道され、一夜で渦中の人となる

フィッツジェラルド・
グラント大統領

トニー・ゴールドウィン

声・加藤亮夫

共和党の米国大統領。愛するオリヴィアの命を救うため、西アンゴラと開戦した経緯がある

メリー・グラント

ベラミー・ヤング

声・加藤有生子

野望を実現して上院選に勝利するが、フィッツとの関係は急激に悪化する。

ジェイク・バラード

スコット・フォーリー

声・置鮎龍太郎

元B613のメンバー。B613の摘発を試み、ローワンの刺客により殺されかけるが一命を取り留めた

ハック

ギレルモ・ディアス

声・加藤拓二

オリヴィアへの忠誠心が強い凄腕のハッカー。元B613の暗殺者で、内に殺人鬼の顔を秘めている

クイン・パーキンス

ケイティ・ロウズ

声・山根 舞

事務所の調査担当。ハックの指導のもと際どい仕事を覚え、一時はB613の一員になったことも

マーカス・ウォーカー

コーネリアス・スミス・Jr

声・白熊寛嗣

不倫問題で自滅した元黒人活動家。クインに誘われ、広報担当として事務所の一員に加わる

エリザベス・ノース

ポーシャ・デ・ロッシ

声・朴璐美

したたかな策略家で、目的のために手段は選ばず、虎視眈々と出世を狙う。

デイヴィッド・ローゼン

ジョシュア・マリーナ

声・遠藤大智

司法長官。正義感が強い。アビーに未練があったが、新たな恋が芽生える。

スーザン・ロス

アルテミス・ペブダニ

声・喜代原まり

メリーに持ち上げられ、あっという間に副大統領に。良心があり、誠実で国民から慕われている。

サイラス・ビーン

ジェフ・ペリー

声・外谷勝由

元大統領首席補佐官。目的のためには手段を選ばない野心家。保身のため男娼マイケルと結婚

アビー・ウェラン

ダービー・スタンチフィールド

声・恒松あゆみ

オリヴィアの友人。オリヴィアの事務所の元メンバーで、現在はホワイトハウスの報道官

ローワン・ポープ

ジョー・モートン

声・藤本 譲

B613の司令官としてではなく、スミソニアン博物館の古生物学者として横領罪で逮捕、収監される

マヤ・ルイス

カンディ・アレクサンダー

声・一城みゆ希

オリヴィアの母。反米組織に機密情報を流すテロリスト。ローワンにより再び幽閉される。

マイケル

マシュー・デル・ネグロ

声・小林親弘

エリザベスが雇った男娼だったがサイラスと結婚

もっと見る