WOWOW

PC版

第3回WOWOWシナリオ大賞 受賞作決定!


第3回「WOWOWシナリオ大賞」の受賞作が決定いたしました。 応募総数730編の中から大賞1編、優秀賞2編を選出いたしました。結果は以下の通りです。


 

 

第3回WOWOWシナリオ大賞
大賞:
「仄かに薫る桜の影で」
福島 敏朗(ふくしま としろう)

優秀賞:
「第2教室」
吉田 真童(よしだ しんどう)氏
「誕生日には、薔薇の花を」
工藤 裕子(くどう ゆうこ)氏

大賞の福島 敏朗氏には賞金500万円、優秀賞の吉田 真童氏、工藤 裕子氏にはそれぞれ賞金100万円を贈呈いたします。大賞受賞作「仄かに薫る桜の影で」は2010年度内の映像化(ドラマ化)を目指して制作に入る予定です。

 
「仄かに薫る桜の影で」あらすじ

11年前に母を亡くし、引きこもっていた男が、何を思ったか特殊清掃会社で働き始める。そして、ある孤独死をした老女の身元を調べるはめになる。手がかりは残された39冊の日記帳だけ。やがて男は日記の中の少女(老女)に惹かれていくが、少女が妊娠したことを知り愕然とする。男は心の揺さぶられるまま、少女の未来を探しに、老女の故郷へと向かう。「生きるとは?」死臭漂う職場と、受け継がれる命を感じながら、男はその先を追って行く。



福島 敏朗氏 プロフィール

1960年生まれ、石川県出身。
金沢美術工芸大学卒業、CMディレクター。

 


第3回「WOWOWシナリオ大賞」概要

応募資格

:プロ・アマ問わず。共同脚本可

告知開始

:2009年3月19日

募集締切り

:2009年9月30日

応募総数

:730編

選考委員長

:崔 洋一氏(映画監督)

選考委員

:奥寺 佐渡子氏(脚本家)
椋樹 弘尚氏(プロデューサー)
野村 正昭氏(映画評論家)
WOWOW 制作部長・峯崎 順朗



 


応募要項ページに戻る