WOWOW

PC版

第4回WOWOWシナリオ大賞 受賞作決定!


第4回「WOWOWシナリオ大賞」の受賞作が決定いたしました。 応募総数587編の中から大賞1編、優秀賞2編を選出いたしました。結果は以下の通りです。


 

 

第4回WOWOWシナリオ大賞
大賞:
「エンドロール~伝説の父~」
福島 カツシゲ(ふくしま かつしげ)

優秀賞:
「オーバーホール」
澤 美奈(さわ みな)氏
「猫を探しています」
多和田 久美(たわだ くみ)氏

大賞の福島 カツシゲ氏には賞金500万円、優秀賞の澤 美奈氏、多和田 久美氏にはそれぞれ賞金100万円を贈呈いたします。大賞受賞作「エンドロール~伝説の父~」は2011年度内の映像化(ドラマ化)を目指して制作に入る予定です。

 
「エンドロール~伝説の父~」あらすじ

もし、人生が一本の映画だったとしたら、エンドロールに流れる名前は、いったい、どんな名前が出てくるのだろうか?父(タダシ)の七回忌で実家に帰ってきた息子(ケンジ)は、本棚にあったアントニオ猪木の本を手にして、父が亡くなる前に現れたユウジの事を思い出していた。「俺が子供だったからって、よくあんなウソついたよな。」父と母の同級生だったユウジは、ケンジにとっては衝撃的にムチャクチャな男だった。そんなユウジが仕切る父の七回忌『タダシ祭』が、もうすぐ始まろうとしていた。



福島 カツシゲ氏 プロフィール

1966年生まれ、大阪府出身。
コメディアン。

 


第4回「WOWOWシナリオ大賞」概要

応募資格

:プロ・アマ問わず、共同脚本可

告知開始

:2010年2月23日

募集締切り

:2010年9月30日

応募総数

:587編

選考委員長

:崔 洋一氏(映画監督)

選考委員

:奥寺 佐渡子氏(脚本家)
椋樹 弘尚氏(プロデューサー)
野村 正昭氏(映画評論家)
峯崎順朗(WOWOWドラマ制作部長)



 


応募要項ページに戻る