{"prg_cd":"110181"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"111601"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111600"}
{"prg_cd":"111572"}
{"prg_cd":"110585"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"111403"}
{"prg_cd":"110862"}
{"prg_cd":"111882"}
{"prg_cd":"111891"}
{"prg_cd":"110624"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"111566"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"111540"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"109765"}

スポーツ
LPGA女子ゴルフ ソルハイムカップ2017 欧州代表×アメリカ代表

LPGA女子ゴルフ ソルハイムカップ2017 欧州代表×アメリカ代表

12/28(木)午前6:00

WOWOWライブ

LPGA女子ゴルフのオールスターが一堂に集結し行われた2017年対抗戦、欧州代表VSアメリカ代表を放送。国を背負う名誉をかけた3日間を凝縮した2時間半!

2017年大会は欧州側からはスーザン・ペターセン、カルロタ・シガンダら、アメリカ側からはレクシー・トンプソン、ステーシー・ルイスらトップ選手が出場。キャプテン(監督)は、欧州側がメジャー10勝を挙げ賞金ランキング1位に輝いた後引退したアニカ・ソレンスタム、アメリカ側はメジャー7勝の大ベテラン、ジュリー・インクスターが務める。
顔にペインティングを施す選手がいるなどお祭り要素もある大会だが、試合が始まると選手は超真剣。ゴルフのマッチプレーには、次の1打でカップインが明白な場合、他選手の許可のもと最終打なしで上がったとみなす「コンシード」というルールがある。前回大会では勝利に執着する欧州側のスーザン・ペターセンが、アメリカ側がボールを取り除いた後にコンシードを認めていないと主張しアメリカがこのゲームを落とす結果に。結局この出来事で発奮したアメリカが最後のシングルス戦で逆転勝利を飾るドラマがあった。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 86

LPGA女子ゴルフのオールスターが一堂に集結し行われた2017年対抗戦、欧州代表VSアメリカ代表を放送。国を背負う名誉をかけた3日間を凝縮した2時間半!

1990年の第1回大会以来、2年に1度開催されている欧州代表チームとアメリカ代表チームによる女子ゴルフの対抗戦。3日間にわたって繰り広げられる大会を2時間半に凝縮してお届けする。大会は28マッチで争われ、勝ち=1点、引き分け=0.5点を加算していくポイント制で、総得点が高いチームが優勝となる。出場者は各チーム12人。初日と2日目は2人対2人のペア戦で、ペアで1つのボールを交互に打つ「フォアサム」と、ホールごとにペアの良い選手のスコアで勝敗を決する「フォアボール」を8マッチずつ行ない、最終日はシングルス戦を計12マッチ行なう。
これまで27年間、成績はアメリカ代表が9勝と勝ち越している。今回の開催地はアメリカ。アメリカ代表はホーム開催大会で6勝1敗と優位に立っており、今大会もアメリカが勝利するか、欧州チームが阻止するか、互いのプライドを懸けた戦いが展開される。

出演

  • 東尾理子
  • 林正浩
  • レクシー・トンプソン、ステーシー・ルイス、ミシェル・ウィー、ポーラ・クリーマー、アンナ・ノルドクビスト、カルロタ・シガンダ、チャーリー・ハル

収録日・場所

  • 2017年8月18日〜20日/アメリカ・アイオワ州 デ・モインG&CC
並び替え
絞り込み
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの