{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"111642"}
{"prg_cd":"111471"}
{"prg_cd":"111403"}
{"prg_cd":"110624"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"111566"}
{"prg_cd":"111600"}
{"prg_cd":"110862"}
{"prg_cd":"102095"}
{"prg_cd":"021409"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111783"}
{"prg_cd":"111540"}
{"prg_cd":"104246"}
{"prg_cd":"021408"}
{"prg_cd":"021803"}
{"prg_cd":"111306"}
{"prg_cd":"111891"}
{"prg_cd":"021401"}
{"prg_cd":"110458"}
{"prg_cd":"110984"}
{"prg_cd":"110564"}
{"prg_cd":"111182"}

映画
サバイバルファミリー

サバイバルファミリー

12/17(日)よる7:00

WOWOWシネマ 5.1

12/29(金)よる10:45

WOWOWプライム 5.1

一夜にして世の中からあらゆる電気が消滅、バラバラだった家族がサバイバルを通じて再生していく。矢口史靖監督が奇想天外な設定とリアルな描写で放つ異色のコメディ。

「ウォーターボーイズ」をはじめ、個性的なコメディを得意とする矢口史靖監督が、今回は電力網から乾電池まで、あらゆる電気が使えなくなった世界を舞台に描いた異色のコメディ。電気消滅の理由は説明されない奇想天外な設定ながら、その後起きるパニックやサバイバルはユーモアを交えつつもリアルに描写され、いわばライフラインが途絶えた際のシミュレーションとしても観られるだろう。出演は小日向文世、深津絵里。加えて連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン役に抜擢された葵わかなが一家の娘役を演じた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 566

一夜にして世の中からあらゆる電気が消滅、バラバラだった家族がサバイバルを通じて再生していく。矢口史靖監督が奇想天外な設定とリアルな描写で放つ異色のコメディ。

東京に暮らす鈴木一家。頼りない父親の義之と天然な母親の光恵、無口な息子の賢司と片時もスマホを離さない娘の結衣、平凡でバラバラのどこにでもいる家族だった。そんなある日、突然あらゆる電気が使えなくなってしまう。動力源を無くしてガスも水道も止まり、乾電池すらも使えない。1週間を過ぎても状況は変わらず、義之は家族を守るため東京脱出を宣言する。だが便利な生活に慣れ切った鈴木家のサバイバルは困難を極め……。

作品データ

  • 制作年/2017
  • 制作国/日本
  • 内容時間/117分
  • ジャンル/コメディ

出演

  • 鈴木義之/小日向文世
  • 鈴木光恵/深津絵里
  • 鈴木賢司/泉澤祐希
  • 鈴木結衣/葵わかな
  • 斎藤敏夫/時任三郎
  • 斎藤静子/藤原紀香

スタッフ

  • 監督/矢口史靖
  • 脚本/矢口史靖
  • 撮影/葛西誉仁
  • 音楽/野村卓史
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 都会の脆さ

    • ★★★★☆
    • やまたのぱぱ
    • 2017/12/10 19:10

    現代社会で電気がなくなったら、どうなるか、一つの家族の命がけのサバイバル。SFだが現代社会の批判しながら決して教訓的な作品にはならずエンターテイメントとして楽し 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

年末年始メガヒットカーニバル[邦画編]

旬のスターが集まった邦画エンタメ20本!

平日夜は最新映画!

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの