{"prg_cd":"111123"}
{"prg_cd":"051126"}
{"prg_cd":"111102"}
{"prg_cd":"051283"}
{"prg_cd":"051503"}
{"prg_cd":"110228"}
{"prg_cd":"111100"}
{"prg_cd":"111125"}
{"prg_cd":"051508"}
{"prg_cd":"110356"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110440"}
{"prg_cd":"108904"}
{"prg_cd":"002392"}
{"prg_cd":"110242"}
{"prg_cd":"110588"}
{"prg_cd":"110500"}
{"prg_cd":"110765"}
{"prg_cd":"111128"}
{"prg_cd":"021639"}
{"prg_cd":"101981"}
{"prg_cd":"105094"}
{"prg_cd":"108954"}
{"prg_cd":"108255"}
{"prg_cd":"107969"}

音楽
キング・クリムゾン Live in Japan 1984

キング・クリムゾン Live in Japan 1984

7/9(日)午後0:30

WOWOWライブ 初回

長い歴史を誇るイギリスのプログレッシブ・ロックバンド、キング・クリムゾン。10枚目のアルバム発表後に行なった世界ツアーから1984年の来日公演の模様を放送。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 226

長い歴史を誇るイギリスのプログレッシブ・ロックバンド、キング・クリムゾン。10枚目のアルバム発表後に行なった世界ツアーから1984年の来日公演の模様を放送。

1969年にアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』でデビューしたキング・クリムゾン。同アルバムで、ベーシスト/ボーカリストとして活躍したグレッグ・レイクだったが翌年には脱退、エマーソン・レイク・アンド・パーマー結成へと向かう。その後、キング・クリムゾンが1973年から74年にかけて発表した『太陽と戦慄』『レッド』などの名作でビル・ブルーフォード(ds)と鉄壁のリズムセクションを組んだのがジョン・ウェットン(b)だった。
しかし、メンバーが激しく入れ替わるバンドだけに、レイクとウェットンが同時期に在籍したことはなく、今回放送する1984年の来日公演にも2人の姿はない。それでも、トニー・レビン(b)、エイドリアン・ブリュー(g)という才人を迎えた“ニューウエーブ期”とされる時期の演奏は、プログレッシブ・ロックを基軸にしつつ激しくサウンドを変化させてきたクリムゾンの軌跡の一部として注目度が高い。

楽曲情報

  • Three Of A Perfect Pair/スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー
  • No Warning/ノー・ウォーニング
  • Larks Tongues in Aspic Part III/太陽と戦慄パート III
  • Thela Hun Ginjeet/セラ・ハン・ジンジート
  • Frame By Frame/フレーム・バイ・フレーム
  • Matte Kudasai/待ってください
  • Industry/インダストリー
  • Dig Me/ディグ・ミー
  • Indiscipline/インディシプリン
  • Sartori In Tangier/サートリ・イン・タンジール
  • Man With An Open Heart/マン・ウイズ・アン・オープン・ハート
  • Waiting Man/ウエイティング・マン
  • Sleepless/スリープレス
  • Larks' Tongues in Aspic Part II/太陽と戦慄パート II
  • Elephant Talk/エレファント・トーク
  • Heartbeat/ハートビート
  • ※曲目は予定です。

収録日・場所

  • 1984年4月/東京 ゆうぽうと簡易保険ホール
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

関連特集

特集:プログレッシブ・ロック 〜グレッグ・レイクとジョン・ウェットンを偲んで〜

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの