{"prg_cd":"108425"}
{"prg_cd":"112946"}
{"prg_cd":"111146"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"111887"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"112383"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"112322"}
{"prg_cd":"111888"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"110980"}
{"prg_cd":"112014"}
{"prg_cd":"105855"}
{"prg_cd":"112612"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"111716"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113039"}
{"prg_cd":"111792"}
{"prg_cd":"112952"}
{"prg_cd":"109155"}
{"prg_cd":"111284"}
{"genre_cd":"01"}
クリミナル・マインド12 FBI行動分析課 クリミナル・マインド12 FBI行動分析課
現在、放送予定はありません。

全米大ヒットの犯罪捜査ドラマ第12シーズン。シリアルキラーの次なる犯罪を防ぐべく、プロファイリングで犯人像を推理するFBI捜査官たちの活躍を描く。

シリアルキラー(連続殺人鬼)の次なる犯行をプロファイリングで防ごうと挑むFBI(米連邦捜査局)のチーム《BAU》の活躍を描き、全米ロングランヒット中の犯罪捜査ド 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
22

現在、放送予定はありません。

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #1 クリムゾン・キング

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #2 深夜の語らい

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #3 タブー

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #4 森の守り人

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #5 テロ対策部隊

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #6 エリオットの池

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #7 弟と名乗る男

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #8 案山子

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #9 プロファイラー専科

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #10 やつらを破壊せよ

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    クリミナル・マインド12 FBI行動分析課 #11 陥没

    クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    検視官のグレイソンは、自殺したらしき遺体の腕に付いた印に目を留める。それは以前、自殺として処理した遺体に付いていたものと酷似していたため、警察に連絡し…。

    検視官のグレイソンは、自殺したらしき遺体の腕に付いた印に目を留める。それは以前、自殺として処理した遺体に付いていたものと酷似していたため、グレイソンは警察に連絡し、BAUが捜査をすることに。周囲の人の話によると、2人は自殺の予兆もなく、ボランティア活動に熱心だったことが判明。犯人に自殺を強要された疑いが強まる中、新たな被害者が出てしまう。彼もまたボランティア活動に携わっていたことが分かり……。

    キャラクター&キャスト

    アーロン・ホッチナー

    アーロン・ホッチナー
    (トーマス・ギブソン/声・森田順平)

    BAUの冷静沈着なリーダー。愛称はホッチ。殺人鬼“リーパー”に元妻ヘイリーを殺害された過去があり、息子のジャックの存在が大きな支え。今シーズンで衝撃の展開が訪れる。

    デヴィッド・ロッシ

    デヴィッド・ロッシ
    (ジョー・マンテーニャ/声・菅生隆之)

    10年のブランクを経て復帰した名プロファイラー。BAUの創設メンバーでホッチの師。3度の離婚歴があり、現在は別れた2番目の妻のヘイデンと復縁。彼女との間にはジョイという娘がいる。

    エミリー・プレンティス

    エミリー・プレンティス
    (パジェット・ブリュースター/声・深見梨加)

    元大使の母を持つ語学の達人。ある事件を機に死を偽装して姿を消したが、事件を解決するために再びBAUに復帰。その後、インターポールに転職したが、ホッチ不在のBAUに助っ人として呼ばれる。

    スペンサー・リード

    スペンサー・リード
    (マシュー・グレイ・ギュブラー/声・森久保祥太郎)

    22歳でBAUに入った、数学・化学・工学の3つの博士号を持つIQ187の天才。人並み外れた映像記憶能力、速読力の持ち主。統合失調症で施設に入所している母ダイアナを大切にしている。

    ジェニファー・ジャロウ

    ジェニファー・ジャロウ
    (A・J・クック/声・園崎未恵)

    BAUの元渉外担当。一時期、国防総省(ペンタゴン)に職場を移したが、のちに捜査官としてBAUに復帰した。夫で刑事のウィルとの間に2人の息子がおり、ワーキングマザーとしての顔も持つ。

    ペネロープ・ガルシア

    ペネロープ・ガルシア
    (カーステン・ヴァングスネス/声・斉藤貴美子)

    IT技術を駆使して事件解決の糸口となるデータを集める技術分析官。元ハッカーで、チームの連絡係も兼任。親しかったモーガンがチームを去り、いまだ“モーガン・ロス”に苦しんでいる。

    タラ・ルイス

    タラ・ルイス
    (アイシャ・タイラー/声・塩田朋子)

    連続殺人犯の研究を専門とする司法心理学者。BAUの欠員募集の面接に見事合格してメンバーの一員となった。仕事にひたむきであるがゆえに婚約者との間に溝が生じ、婚約は解消となった。

    ルーク・アルヴェス

    ルーク・アルヴェス
    (アダム・ロドリゲス/声・阪口周平)

    FBI逃亡者特捜班所属の捜査官。脱獄したシリアルキラー13人を捕らえるべくBAUに出向する中、ロッシにその腕を買われる。最終的には、ホッチの要請を受けてBAUの正式メンバーとなる。

    スティーヴン・ウォーカー

    スティーヴン・ウォーカー
    (デイモン・ガプトン/声・乃村健次)

    第8話から登場。他部門からBAUに異動してきたFBI特別捜査官。インターポール時代のエミリーと合同捜査に当たった経験があり、その能力の高さはエミリーのお墨付き。

    出演

    役名 役者名
    デヴィッド・ロッシ ジョー・マンテーニャ 菅生隆之
    エミリー・プレンティス パジェット・ブリュースター 深見梨加
    スペンサー・リード マシュー・グレイ・ギュブラー 森久保祥太郎
    ジェニファー・ジャロウ A・J・クック 園崎未恵
    ペネロープ・ガルシア カーステン・ヴァングスネス 斉藤貴美子
    タラ・ルイス アイシャ・タイラー 塩田朋子
    ルーク・アルヴェス アダム・ロドリゲス 阪口周平
    スティーヴン・ウォーカー デイモン・ガプトン 乃村健次
  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #12 よき夫

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #13 スペンサー

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #14 制御不能

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #15 獄中の洗礼

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #16 ボーン・クラッシャー

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #17 昼と夜の狭間

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #18 ヘルズ・キッチン

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #19 砂漠の処刑場

  • クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

    #20 忘れじの人

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの