{"prg_cd":"051508"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111405"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"110669"}
{"prg_cd":"111538"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"111508"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111223"}
{"prg_cd":"111315"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"111521"}
{"prg_cd":"111528"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110472"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110869"}

ステージ
舞台「メトロポリス」串田和美×松たか子×森山未來

舞台「メトロポリス」串田和美×松たか子×森山未來
現在、放送予定はありません。

    巨匠フリッツ・ラング監督による原点にして頂点とされるSF映画とその小説版を原作に、松たか子、森山未來ら実力派キャストと強力なスタッフが集結した串田和美の舞台。

    串田は、“表現の幅を広げたい”という強い想いでスタッフやキャストと話し合い、作っては壊し、再構築を繰り返しながら新たな“表現の方法”を探ったという。ひとりの人物を数人で演じる演出、空間に“ズレ”を生み出す照明、音楽家による生演奏など、舞台だからこそ可能な“表現”は一見の価値あり。
    そして、演劇というジャンルを超え、ミュージカル、コンテンポラリーダンスなど、さまざまな要素を取り入れたステージで、松たか子、森山未來をはじめ、若手注目株の佐野岳、趣里といったマルチな才能を発揮する俳優陣がその輝きを放つ。一方で、飴屋法水、串田和美らも強烈なインパクトを残す。
    さまざまな“才能”が出会い誕生した舞台「メトロポリス」が魅せる“表現の幅”の広さを、ぜひ目撃していただきたい。
    ※初回放送時の情報を掲載しております。

    My番組登録者数
    • 0

    巨匠フリッツ・ラング監督による原点にして頂点とされるSF映画とその小説版を原作に、松たか子、森山未來ら実力派キャストと強力なスタッフが集結した串田和美の舞台。

    松たか子、森山未來ら豪華キャスト出演の舞台「メトロポリス」を放送する。今作は、1926年製作のフリッツ・ラング監督による無声映画の傑作『メトロポリス』とその小説版を原作とし、劇作家・加藤直による大胆な潤色と日本を代表する演出家のひとりである串田和美の演出により、現代の社会情勢を交えながら鮮やかに舞台作品としてよみがえらせたもの。
    【ストーリー】超都市メトロポリスの支配者の息子フレーダー(森山未來)は、果てしなく続く闇の中にいた。「われらが都市にようこそ!」と出迎えたのは、メトロポリスの繁栄を支えるため、地の底で機械のように働く労働者たち。その現実を初めて知ったフレーダーは、労働者に成り済まし、地下の住人となる。そこでは毎日、スピーカーから労働者を励ます声が流れてくる。それは、美しいマリア(松たか子)の声。フレーダーは彼女と恋に落ちる。
    ある日、マリアは「“手”(労働者)と“頭”(支配者)を橋渡しする“心”となる人がやって来て、労働者を解放する」と説く。危機感を覚えたメトロポリスの支配者はマリアを誘拐。マリアにうり二つのアンドロイド・パロディ(松・2役)を作り地下へ送ると、パロディは労働者を混乱に陥れる。労働者の暴動、機械の暴走…。崩壊寸前のメトロポリスをマリアとフレーダーは救うことができるのか?

    出演

    • 松たか子
    • 森山未來
    • 飴屋法水
    • 佐野岳
    • 大石継太
    • 趣里
    • さとうこうじ
    • 内田紳一郎
    • 真那胡敬二
    • 大森博史
    • 大方斐紗子
    • 串田和美
    • 伊藤壮太郎
    • 島田惇平
    • 浅沼圭
    • 坂梨磨弥
    • 高原伸子
    • 摩耶リサ
    • 安澤千草
    • 平田ナオキ
    • エミ・エレオノーラ
    • 青木タイセイ
    • 熊谷太輔

    スタッフ

    • 原作/テア・フォン・ハルボウ『新訳 メトロポリス』(中公文庫)
    • 原作翻訳/酒寄進一
    • 潤色/加藤直
    • 演出・美術/串田和美

    収録日・場所

    • 2016年11月16日/東京 Bunkamuraシアターコクーン
    並び替え
    絞り込み
    • 現在、放送予定はありません。

    • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

    関連特集

    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの