{"prg_cd":"107678"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"106576"}
{"prg_cd":"101546"}
{"prg_cd":"107830"}
{"prg_cd":"109400"}
{"prg_cd":"109976"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110103"}
{"prg_cd":"021172"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"111764"}
{"prg_cd":"111810"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111783"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111835"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"111811"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111651"}
{"prg_cd":"111664"}
{"prg_cd":"110586"}

ステージ
ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜
現在、放送予定はありません。

世界最高峰として名高いロシアの名門バレエ学校、ワガノワ・バレエ・アカデミー。そこに通う少女たちが、世界のトップを目指して自らの夢のために青春をささげる姿を描く。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

世界最高峰として名高いロシアの名門バレエ学校、ワガノワ・バレエ・アカデミー。そこに通う少女たちが、世界のトップを目指して自らの夢のために青春をささげる姿を描く。

2016年に放送した「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」では、ロシア・サンクトペテルブルクにあるバレエ学校ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに通う子どもたちの熾烈な主役争いに迫った。今回は登場した2人の少女にスポットを当て、彼女らのシーンを再編集、さらにその後を追う。
1738年に設立されたワガノワはロシア最古のバレエ学校で、バレエ史に残るダンサーを多数輩出してきた。8年制の学校だが、難関を突破し入学しても、才能を見限られた者は容赦なく退学させられる。ワガノワでは毎年クリスマス公演が開催される。会場はマリインスキー劇場。ヴェーラ・セゴーワは8年生当時、主役の最有力候補だったが本番直前のミニコンサートで失敗し降板。1学年下のエレオノーラ・セヴェナルドに役を譲った苦い経験がある。
そんなヴェーラも2016年夏に卒業。結局憧れのマリインスキーバレエ団ではなくドイツのバイエルン国立バレエ団への入団を選択。ワガノワ出身の芸術監督に誘われての入団だったが、最初から最前列で踊れるほど甘くはなく、群舞の一員として厳しい練習を重ねている。一方、順調に学生生活を送っていたエレオノーラも卒業を控え進路決断の時を迎えた。6月、マリインスキー劇場での卒業公演の舞台に立つエレオノーラ。果たして彼女はどんな未来を選択したのか。(2017年)
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

関連特集

WOWOWオリジナルドキュメンタリー

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの