{"prg_cd":"105004"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"110662"}
{"prg_cd":"111220"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111777"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"112081"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"111988"}
{"prg_cd":"111925"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"111340"}
{"prg_cd":"110281"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111629"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"112040"}
{"prg_cd":"111842"}
{"prg_cd":"112127"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"110967"}
{"prg_cd":"111776"}
{"prg_cd":"110580"}

ステージ
地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.14『The Love Bugs』

地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.14『The Love Bugs』
現在、放送予定はありません。

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」の2016年の公演。城田優、蘭寿とむ、大原櫻子、平間壮一、マルシアら豪華俳優陣が集結した。

出演は、数々の映画やドラマで活躍し、舞台では2010年に史上最年少でミュージカル「エリザベート」のトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞した実力派俳優・城田優を筆頭に、元宝塚歌劇団花組トップスターの蘭寿とむ、今作品が初舞台の大原櫻子など、豪華キャストがそろった。地球ゴージャスならではの一糸乱れぬ迫力の群舞や、圧倒的なコーラス、激しいアクション、社会的メッセージを含めつつも、コメディ要素を忘れないエンターテインメントの“王道”ともいえるステージ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」の2016年の公演。城田優、蘭寿とむ、大原櫻子、平間壮一、マルシアら豪華俳優陣が集結した。

岸谷五朗と寺脇康文により1994年に旗揚げされた演劇ユニット「地球ゴージャス」。“劇団”ではなく、岸谷と寺脇以外のメンバーは固定せずにゲストを迎えて行なう“プロデュース公演”というスタイルで作品を上演する。今回送り出すのは、われわれの隣にある“小さな世界”、昆虫の世界を舞台に“命”と“愛”を綴る小さくも壮大な物語。
【ストーリー】
私たちのすぐ隣にある小さな世界。見えてはいるけれど、それがこれほどまでに魅力に満ちた世界だとは誰も知らない。ある夜、何かに引き込まれて群がる無数の影。大きなヘッドライトに照らされたその正体は、奇抜な姿に彩られた小さな世界の住人たち。こよいは100年に一度、1000年に一度の特別な夜。一族の予選を勝ち抜いた、種の誇りを背負った代表たちが集う伝説の祭典だ。誰もが憧れる孤高のスター・スィンクルマン(城田優)、涙を知らぬ男殺しの美女ティアラ(蘭寿とむ)、光り輝く気弱な少年ブン太(平間壮一)、そして、初めて大人の世界を知る歌と生きる少女・天娘(大原櫻子)。怪しい振付師シザーQ(岸谷五朗)や世界を股に掛ける謎の女グザベロベ(マルシア)も加わり、祭典は最高潮に。そんな中、“宿命”に翻弄される一つの恋がひそかに芽生え始める一方で、人間の手によりこの小さな世界に“異変”が起きようとしていた…。

出演

  • 城田優
  • 蘭寿とむ
  • 大原櫻子
  • 平間壮一
  • マルシア
  • 岸谷五朗
  • 寺脇康文

スタッフ

  • 作・演出/岸谷五朗

収録日・場所

  • 2016年2月6日/東京 赤坂ACTシアター
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの