{"prg_cd":"017231"}
{"prg_cd":"110095"}
{"prg_cd":"018809"}
{"prg_cd":"110252"}
{"prg_cd":"102726"}
{"prg_cd":"107822"}
{"prg_cd":"107421"}
{"prg_cd":"107848"}
{"prg_cd":"109976"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"107447"}
{"prg_cd":"107402"}
{"prg_cd":"108427"}
{"prg_cd":"106458"}
{"prg_cd":"108255"}
{"prg_cd":"106619"}
{"prg_cd":"106682"}
{"prg_cd":"106261"}
{"prg_cd":"105470"}
{"prg_cd":"104800"}
{"prg_cd":"106662"}
{"prg_cd":"104689"}
{"prg_cd":"107851"}
{"prg_cd":"105187"}
{"prg_cd":"109151"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW シェルカウイ 踊りで世界を救う、41日の闘い

ノンフィクションW シェルカウイ 踊りで世界を救う、41日の闘い
現在、放送予定はありません。

革新的な表現で、世界の演劇・ダンスシーンに衝撃を与え続けているシェルカウイの公演に稽古から密着。アーティスト生命を懸けて挑む舞台に秘めた想いの根源に迫る。

シディ・ラルビ・シェルカウイ。彼が手掛ける独創的にして革新的な振り付け・演出は、世界の演劇やダンスシーンに衝撃を与え続けており、今、演劇界が最も欲しがる才能の持ち主といっても過言ではない。そのシェルカウイが5年ぶりに“自ら”を振り付けるオリジナル舞台の制作に挑む。
カメラは、2015年に彼の母国ベルギーのアントワープで行なわれた稽古初日から、公演初日に至るまで密着。さらに、シェルカウイの母親へのインタビューや幼少期を過ごした故郷での取材を通じ、彼が抱える痛々しいほどの葛藤のルーツを少しずつつまびらかにしていく。ナレーションは、シェルカウイが振り付け・演出を担当した舞台「テ ヅカ TeZukA」「プルートゥ PLUTO」に出演した、俳優・森山未來が務める。
いかにしてシェルカウイはその身一つで世界を救うというのか。アーティスト生命を懸けて挑む舞台と、その裏側に秘められた彼の原動力の源に迫る。


※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

革新的な表現で、世界の演劇・ダンスシーンに衝撃を与え続けているシェルカウイの公演に稽古から密着。アーティスト生命を懸けて挑む舞台に秘めた想いの根源に迫る。

振り付け・演出家、シディ・ラルビ・シェルカウイは、パリ・オペラ座バレエ団、ベネディクト・カンバーバッチ主演の舞台「ハムレット」や映画『アンナ・カレーニナ』の振り付けをはじめ、新たな芸術表現の道を切り開いてきた。日本で上演された舞台「テ ヅカ TeZukA」「プルートゥ PLUTO」も大きな話題となった。
世界中に存在する肉体表現の可能性を追い求め、自らの中で再構築・昇華させることで“型”とは無縁の新たな感動を生んできたシェルカウイ。その彼が2015年、5年ぶりに自ら踊る舞台を発表。4人のジャンルの異なるダンサー、3人の国籍の異なる音楽家とともに、独創的な手法で舞台作りを行なうというのだ。40日間の稽古を通じ、葛藤しぶつかり合い、新たな表現を模索していくシェルカウイ。その背景には、己の文化やしきたりを家族に強いた父との軋轢、父の死、そして自分自身を変え、救ってくれた“踊り”への熱情が秘められていた。

出演

  • シディ・ラルビ・シェルカウイ
  • 森山未來
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの