{"prg_cd":"108251"}
{"prg_cd":"111079"}
{"prg_cd":"110873"}
{"prg_cd":"103543"}
{"prg_cd":"107678"}
{"prg_cd":"011906"}
{"prg_cd":"109764"}
{"prg_cd":"110204"}
{"prg_cd":"107848"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"110284"}
{"prg_cd":"110297"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110484"}
{"prg_cd":"110662"}
{"prg_cd":"110630"}
{"prg_cd":"110694"}
{"prg_cd":"110749"}
{"prg_cd":"110810"}
{"prg_cd":"110683"}
{"prg_cd":"110879"}
{"prg_cd":"110759"}
{"prg_cd":"110809"}
{"prg_cd":"111022"}
{"prg_cd":"110246"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 独立系映画が映す中国〜女性監督ホアン・ジーの闘い〜

ノンフィクションW 独立系映画が映す中国〜女性監督ホアン・ジーの闘い〜

7/27(木)午前8:55

WOWOWプライム

映画公開には検閲が必要な中国で、自由な表現を求め映画を撮る若手女性監督に密着。世界で注目を集める彼女の、新作撮影に向け奮闘する姿を追う。

世界有数の超大国というだけでなく、最大の映画マーケットとなりつつある中国。その一方で、映画を公開するためには国家の検閲を通過しなければならず、社会問題や政府批判を扱った作品が映画館にかかることはない。そんな状況下でも自らの表現にこだわり、国内公開を前提とせず自主制作で撮り続ける映像作家たちがいる。番組では、中国のインディーズ映画界「独立電影」に身を置き、世界から注目を集める若手女性監督、ホアン・ジーに密着する。
彼女が撮るのは「農村女性の“性”」という中国社会のタブー。そのテーマゆえ難航する新作企画の準備や撮影、世界で絶賛されつつも中国では公開できない2012年の作品『卵と石』の無許可上映を行なう姿など、数々の困難に直面しつつも突き進む彼女を捉える。中国映画市場の現在と検閲の実態を紹介するとともに、協力も理解も得られない過酷な環境でもなお、自由な表現を求める映像作家の姿を追う。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 151

映画公開には検閲が必要な中国で、自由な表現を求め映画を撮る若手女性監督に密着。世界で注目を集める彼女の、新作撮影に向け奮闘する姿を追う。

巨大な市場や資本を武器に成長する中国の映画界。しかし、映画公開に検閲通過が必要な中国では、映画での自由な表現が事実上認められていない。例えば、女性監督ホアン・ジーが農村の少女たちへの性的虐待の実態を描き、若手の登竜門・ロッテルダム国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した『卵と石』(2012年)も、社会の暗部を描いたテーマゆえ公開ができない。かつて、映画祭での上映も試みられたが警察に中止させられるなど、監視の目が光る。そんなホアンが新作に向けて動き出した。今作も農村女性の“性”というタブーを描くため、潤沢な制作資金は期待できない。しかしクオリティー向上のため一切の妥協をしない彼女は、何度もキャスティングを練り直す。また女性たちの実体験をヒアリングし、入念に脚本の内容を膨らませる。その過程で浮かび上がる社会で虐げられる女性たちの実態。少しずつ新作撮影への準備が進む中、ある大学で『卵と石』の上映会が企画される…。
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの