{"prg_cd":"104191"}
{"prg_cd":"109517"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"022201"}
{"prg_cd":"108186"}
{"prg_cd":"109640"}
{"prg_cd":"110630"}
{"prg_cd":"111140"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"111540"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111403"}
{"prg_cd":"111600"}
{"prg_cd":"111306"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110862"}
{"prg_cd":"111302"}
{"prg_cd":"111726"}

映画
日本のいちばん長い日(2015)

日本のいちばん長い日(2015)
現在、放送予定はありません。

1945年8月の終戦前夜、日本の前途をめぐってギリギリの攻防が繰り広げられた御前会議から玉音放送へと至る緊迫の24時間を、豪華キャストで重厚に描いた歴史群像劇。

降伏か、本土決戦か? 太平洋戦争末期、日本に対して無条件降伏を迫る連合国軍のポツダム宣言が出され、続いて広島、長崎に原爆が投下されて、いよいよ苦渋の決断を迫られる中、日本は一体どのようにして終戦を迎えることになったのか? まさに日本のいちばん長い日となった、8月14日から15日に至る緊迫の24時間に焦点を当てた半藤一利の傑作ノンフィクションを、原田眞人監督が、岡本喜八監督の1967年版以来、48年ぶりに再映画化。役所広司、山崎努、本木雅弘ら、豪華出演陣の息詰まる競演が見もの。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

1945年8月の終戦前夜、日本の前途をめぐってギリギリの攻防が繰り広げられた御前会議から玉音放送へと至る緊迫の24時間を、豪華キャストで重厚に描いた歴史群像劇。

いよいよ日本の敗色が濃くなった1945年7月末、連合国軍は日本に対して無条件降伏を迫るポツダム宣言を発表。それを受諾するか日本政府が返答を先送りにする間に、8月6日に広島、次いで8月9日には長崎に原爆が投下される緊迫した事態に。それでもなお、陸軍の若手将校たちは徹底抗戦を唱え、彼らの暴発を抑えるのに陸軍大臣・阿南が苦慮する一方、鈴木首相は御前会議を開いて天皇の聖断を仰ぐよう、冷静に事を進めていく。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/137分
  • ジャンル/ドラマ・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

  • 阿南惟幾/役所広司
  • 昭和天皇/本木雅弘
  • 畑中健二/松坂桃李
  • 迫水久常/堤真一
  • 鈴木貫太郎/山崎努

スタッフ

  • 監督/原田眞人
  • 脚本/原田眞人
  • 撮影/柴主高秀
  • 音楽/富貴晴美
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • 青年将校役の松坂さんの演技が凄い!

    • ★★★★★
    • ひげじじい
    • 2016/06/17 20:36

    松坂桃李さんの演技が非常に印象的な映画です。必見は、やはり青年将校として決起していく過程が、徐々に徐々に高まって表現されていく中で、その表情が一瞬、鬼の形相に変 続きを読む

  • ごきげんよう…

    • ★★★☆☆
    • herocomeon
    • 2016/06/15 13:34

    …あらすじは、WOWOWの解説の次のとおり。
      『いよいよ日本の敗色が濃くなった1945年7月末、連合国軍は日本に対して無条件降伏を迫るポツダム宣言を発表。
    続きを読む

  • 苦悩する人間天皇

    • ★★★★★
    • jun市
    • 2016/06/12 18:54

    今作と岡本喜八監督版との大きな違いに畑中と天皇の描き方がある。岡本版では黒沢敏男氏が狂気のキャラクターを演じていた畑中が、原田版では普通の青年になっている。公開 続きを読む

  • 私は腕を組んでこの映画を見ていた。

    • ★★★★★
    • harahide
    • 2016/06/06 19:34

    前作は見ている。
    あの日を決断した人々の処遇は私達は知っている

    旦那「明るいんだよな!この映画・・」
    私「前作は白黒だからね!」
    旦那「そうじゃない
    続きを読む

  • 終戦の背景にあった歴史を再認識!

    • ★★★☆☆
    • タカシータ
    • 2016/06/05 20:18

    この原作は,2度にわたり日本で映画化された。以前のものは,製作・配給東宝,岡本喜八監督による1967年版(阿南を三船敏郎,鈴木を笠智衆,畑中を黒沢年男)だ。原作 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの