{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"108520"}
{"prg_cd":"109809"}
{"prg_cd":"107772"}
{"prg_cd":"108616"}
{"prg_cd":"106929"}
{"prg_cd":"106360"}
{"prg_cd":"107823"}
{"prg_cd":"106261"}
{"prg_cd":"109300"}
{"prg_cd":"109512"}
{"prg_cd":"109516"}
{"prg_cd":"109880"}
{"prg_cd":"109696"}
{"prg_cd":"108102"}
{"prg_cd":"107244"}
{"prg_cd":"108294"}
{"prg_cd":"106104"}
{"prg_cd":"107441"}
{"prg_cd":"107891"}
{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"109428"}
{"prg_cd":"109522"}
{"prg_cd":"107783"}
{"prg_cd":"106220"}

ステージ
劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』

劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』

結成35年の記念公演。五右衛門役の古田新太、轟天役の橋本じゅん、さらに松雪泰子、池田成志、賀来賢人ほか、史上最強の濃〜いキャラクターによる、アクション爆笑活劇。

五右衛門は古田新太が、轟天は橋本じゅんがそれぞれ3度にわたり演じてきた当たり役。ゲストに新感線3度目の出演となる松雪泰子、5年ぶり11度目の出演の池田成志、初出 続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

結成35年の記念公演。五右衛門役の古田新太、轟天役の橋本じゅん、さらに松雪泰子、池田成志、賀来賢人ほか、史上最強の濃〜いキャラクターによる、アクション爆笑活劇。

2015年に結成35周年を迎えた劇団☆新感線。“面白いモノ”を探求する姿勢は常にぶれることなく、どの公演でも観客に楽しみと驚きを提供し、喝采を浴びてきた。そんな彼らが35周年記念公演として上演したのが本作。
今回の最大の注目点はこれまでの作品に登場した人気キャラクターが続々登場するところ。中でも大泥棒・石川五右衛門と変態格闘家・剣轟天の夢の共演は記念公演ならでは。
【ストーリー】少し未来の時代。Dr.チェンバレン(粟根まこと)率いる極悪シンジケート、ブラックゴーモンの画策で、世界の平和は危機的な状況にあった。彼らを追うセイント死神(池田成志)らインターポール(国際警察)は、一味に石川五右衛門(古田新太)のDNAが伝わっていると知る。折から下着泥棒で捕まった剣轟天(橋本じゅん)の能力を使用し、ブラックゴーモンの先祖である五右衛門を撲滅するためのミッションを遂行する。
轟天はスーパーインターポールの捜査官、アンドリュー宝田(賀来賢人)とともに、400年前へとタイムトリップ。2人はそこで五右衛門のみならず、女盗賊の真砂のお竜(松雪泰子)や、フランスに帰れないまま森で暮らすマローネ・ド・アバンギャルド(高田聖子)らを巻き込み大騒動を繰り広げる。

演目

  • 2015年劇団☆新感線35周年「五右衛門VS轟天」オールスターチャンピオンまつり

出演

  • 古田新太
  • 橋本じゅん
  • 松雪泰子
  • 池田成志
  • 賀来賢人
  • 高田聖子
  • 粟根まこと

スタッフ

  • 作/中島かずき
  • 潤色・演出/いのうえひでのり
  • 作詞/森雪之丞
  • 作詞/いのうえひでのり
  • 音楽/岡崎司
  • 振付/川崎悦子

収録日・場所

  • 2015年8月15日/東京 赤坂ACTシアター
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの