{"prg_cd":"014661"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110091"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"106901"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110966"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110080"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"108687"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"109601"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"109853"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"110443"}
{"prg_cd":"109360"}
{"prg_cd":"109701"}
{"prg_cd":"108841"}
{"prg_cd":"110628"}
{"prg_cd":"106188"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 託されたアリラン〜音楽家・梁邦彦 その旋律は世界に響く〜

ノンフィクションW 託されたアリラン〜音楽家・梁邦彦 その旋律は世界に響く〜
現在、放送予定はありません。

2015年で日韓国交正常化50周年。在日コリアン2世の梁邦彦は魂の歌「アリラン」を携えアジアからヨーロッパへと活動の場を広げていく。国境を超える音楽の力を描く。

2015年、韓国の第二の国歌・魂の歌ともいわれている「アリラン」が、在日コリアン2世の音楽家・梁邦彦に託された。日本に生まれ育った彼が「アリラン」に触れることへの逆風も少なくない中、ソチオリンピック閉会式や韓国の国家的行事、また2015年11月にパリのユネスコ本部で開催の、設立70周年記念演奏会では梁邦彦が作曲した新たな「アリラン」を披露するのだ。さらに、ドイツの歴史ある大手音楽出版社も彼の楽曲に注目し始めている。
オリジナル曲はもとより、映画、アニメ、ゲームなどさまざまな映像音楽も手掛け、多くの国からの制作依頼にも応えていく梁邦彦だが、父親の意向で進んだ医学の道を断ち、音楽家として生きることを決断するまでには多くの葛藤があった。彼の苦悩と希望を見つめることで、国境を超える音楽の力を描き出すとともに、国籍にとらわれることなくしなやかに生きる姿からは、われわれが近隣諸国との関係を築いていく指針も見いだせるかもしれない。


※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

2015年で日韓国交正常化50周年。在日コリアン2世の梁邦彦は魂の歌「アリラン」を携えアジアからヨーロッパへと活動の場を広げていく。国境を超える音楽の力を描く。

2015年11月、パリのユネスコ本部で開催された設立70周年記念演奏会の舞台で「梁邦彦のアリラン」を奏でるのは、日本、韓国、アメリカ、フランスの演奏家たち。日本に生まれ韓国の血を受け継いだ梁邦彦だからこそ生み出せる旋律は今、多くのシーンで注目されるようになった。しかし幼い頃は、両国の間で「自分は何者なのか?居場所はどこにあるのか?」という想いを抱えて育ってきたという。音楽家としてさまざまな国の人々と活動をともにすることで、軋轢や葛藤を乗り越えお互いの価値観を認め合う中から彼が見いだしたアイデンティティーとは…。彼が「アリラン」に触れたことはオリジナル曲にも少なからず影響を与え、新曲に込めた想いは「No Boundary=境界線はない」となった。
日本、韓国からアジア、そしヨーロッパへとさまざまな扉を開き、そこで受け入れられていく梁邦彦の姿から、国境や国籍を超えたしなやかさとおおらかさを感じることが出来るだろう。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの