{"prg_cd":"105132"}
{"prg_cd":"105544"}
{"prg_cd":"107830"}
{"prg_cd":"110006"}
{"prg_cd":"109976"}
{"prg_cd":"109934"}
{"prg_cd":"111294"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111420"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"110952"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"110813"}
{"prg_cd":"107235"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"110789"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 孤高の日本人得点王・銘苅淳 〜欧州で拓くハンドボールの未来〜

ノンフィクションW 孤高の日本人得点王・銘苅淳 〜欧州で拓くハンドボールの未来〜

11/17(金)午前8:45

WOWOWプライム

世界最高峰のハンガリーリーグで日本人初の得点王となった銘苅淳(めかるあつし)。単身海外で奮闘する姿を発信し、日本のハンドボール界を啓蒙していく生きざまに迫る。

銘苅淳(めかるあつし)、30歳。日本で彼の名を知る人はまだ少ないかもしれないが、彼は2015年2月、世界のトップの場で「得点王」に輝いた超一流アスリートだ。そのスポーツとは、日本では決してメジャーではないハンドボール。銘苅は、ハンドボールにおいて世界最高峰のプロリーグとして名高いハンガリー1部リーグで得点王を獲得するという快挙を成し遂げた。かつてスペインリーグに所属した日本代表の宮崎大輔選手も「各国のスター選手がいる中での得点王は素晴らしい」と賛辞を惜しまない。
銘苅とは一体どんな人物なのか?番組では、2015年4月〜12月まで、約9カ月にわたり銘苅に密着。なぜ単身でハンガリーに渡ったのか、どんな想いでハンドボールと向き合っているのか、またこれからの夢などをたっぷり語ってもらう。
ナレーションは、自身も高校時代にハンドボール部に所属し、今でもチームに所属しプレーしている俳優・西村和彦が務める。西村は「世界最高峰リーグで得点王を取ったことは本当にすごいこと。彼の活躍をさまざまなメディアで露出したり、情報を伝えることが大事」とコメントを寄せる。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 156

世界最高峰のハンガリーリーグで日本人初の得点王となった銘苅淳(めかるあつし)。単身海外で奮闘する姿を発信し、日本のハンドボール界を啓蒙していく生きざまに迫る。

ハンドボールの本場欧州4大リーグの一つ、ハンガリー1部リーグで、2014−2015シーズンに20試合120得点を記録し、得点王に輝いた銘苅淳(めかるあつし)。もともと彼は、日本のハンドボールをメジャーにすべく、選手を育てる“最高の指導者”になるために単身渡欧した。また、トップリーグで自分が活躍すれば、日本でハンドボールが注目されるという夢を抱いての挑戦でもあった。そして、渡欧3年目に「得点王」という快挙を成し遂げる。
しかし現地での報道や盛り上がりとは裏腹に、日本で銘苅の快挙はほとんど紹介されなかった。「これが現実ですね…」とつぶやく銘苅。そんな中、得点王にビッグクラブからのオファーが舞い込む。銘苅は夢を追い求め、ある決断を下し2015−2016の新シーズンを歩み出す。番組は世界最高峰の舞台で挑戦し続け、日本のハンドボール界の未来を思い描く銘苅の姿を伝える。

出演

  • 西村和彦
並び替え
絞り込み
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの