{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"108102"}
{"prg_cd":"108294"}
{"prg_cd":"106261"}
{"prg_cd":"106821"}
{"prg_cd":"075291"}
{"prg_cd":"107801"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"107233"}
{"prg_cd":"001892"}
{"prg_cd":"109853"}
{"prg_cd":"012111"}
{"prg_cd":"109816"}
{"prg_cd":"107874"}
{"prg_cd":"110444"}
{"prg_cd":"110499"}
{"prg_cd":"110445"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"109681"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110765"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110253"}

ステージ
舞台「嵐が丘」堀北真希×山本耕史×戸田恵子

舞台「嵐が丘」堀北真希×山本耕史×戸田恵子
現在、放送予定はありません。

「世界の十大小説」の一つに挙げられ、英語文学の三大悲劇とも評される「嵐が丘」。エミリー・ブロンテの名作を堀北真希、山本耕史、戸田恵子ら豪華キャスト陣で舞台化。

エミリー・ブロンテが30年という短い生涯で唯一執筆した小説「嵐が丘」。1847年に初版本が出版されて以来、時代を超えて読み継がれてきた名作を充実したキャスト陣で舞台化した作品を放送。
脚本、演出を手掛けたG2は原作を読み直し「“手に入り難い”ものをひたすら求め、もがき、あがき、到達しようとするエネルギーに圧倒された」という。でき得る限り原作のせりふのまま抜粋翻訳して再構成し、新たな脚本を作ったが、その狙いを原作のせりふの骨太な良さを活かすためだったと語る。


※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

「世界の十大小説」の一つに挙げられ、英語文学の三大悲劇とも評される「嵐が丘」。エミリー・ブロンテの名作を堀北真希、山本耕史、戸田恵子ら豪華キャスト陣で舞台化。

主役で屋敷に住むアーンショウ家の娘・キャサリンを演じるのは堀北真希。奔放に育ち、愛だけに生きるという、自らのパーソナリティーにはない女性像に挑む。堀北は「今は愛だけに生きるなんて難しい時代でしょうから、その生き方を観て、忘れていた何かを感じていただければ」と語る。そんなキャサリンの結ばれることのない恋の相手を山本耕史、キャサリンの悲しみの歴史をすべて知る家政婦を戸田恵子が演じる。
【ストーリー】「嵐が丘」という名の屋敷の主人ヒースクリフ(山本耕史)を訪ねたロックウッドは、昔の住人キャサリン(堀北真希)の亡霊に遭遇。家政婦のネリー(戸田恵子)は悲しい過去を語り始める。
30年前、屋敷に住むアーンショウ家の主人が身寄りのない少年を連れ帰り、ヒースクリフと名付けかわいがる。娘のキャサリンは仲良しになったが、息子のヒンドリーは父の愛を奪われたと感じた。数年後家長となったヒンドリー(高橋和也)はヒースクリフを下男の身分に落としつらく当たる。一方キャサリンとヒースクリフの間には愛が芽生えていた。
そんな中、交流を持ったリントン家の息子エドガー(伊礼彼方)からプロポーズされたキャサリンは、ヒースクリフへの愛は変わらぬも結婚してしまう。ヒースクリフは嵐が丘を飛び出し行方不明に。数年後出世して戻ってきたヒースクリフはエドガーの妹イザベラ(ソニン)を誘惑し、波乱の日々が幕を開ける。

出演

  • 堀北真希
  • 山本耕史
  • 高橋和也
  • 伊礼彼方
  • 矢崎広
  • 小林勝也
  • ソニン
  • 戸田恵子

スタッフ

  • 原作/エミリー・ブロンテ
  • 翻訳・脚本・演出/G2

収録日・場所

  • 2015年5月21日/東京 日生劇場
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの