{"prg_cd":"109853"}
{"prg_cd":"107219"}
{"prg_cd":"110861"}
{"prg_cd":"111122"}
{"prg_cd":"110811"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"110662"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110340"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110297"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110988"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110181"}
{"prg_cd":"111125"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110621"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 吠える!映画監督・浜野佐知〜私がピンクを撮る理由〜

ノンフィクションW 吠える!映画監督・浜野佐知〜私がピンクを撮る理由〜
現在、放送予定はありません。

40年で400本のピンク映画を手掛けた浜野佐知監督。女性が不遇の時代に映画界へ殴り込み、今も映画人として生き抜く彼女の原動力はどこにあるのか、その神髄に迫る。

番組では、映画に魅了され、映画界と闘ってきた彼女の半生を振り返るとともに、新作製作の準備段階から撮影、そして完成試写までの約半年間に密着。さらに、浜野を最も尊敬する女性映画監督に挙げる映画監督・安藤桃子との「なぜ映画を撮るのか?」「ピンク映画へのこだわり」などをテーマにした語らい、さらには時代を“艶(いろど)った”ピンク映画界の関係者の証言も交え、彼女の映画人としての生きざまに迫る。※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

40年で400本のピンク映画を手掛けた浜野佐知監督。女性が不遇の時代に映画界へ殴り込み、今も映画人として生き抜く彼女の原動力はどこにあるのか、その神髄に迫る。

近年、女性監督の活躍が目覚ましい日本映画界。そんな彼女たちの道標を築いたのがピンク映画の女性監督・浜野佐知だ。1948年生まれの浜野は、40年以上にわたり約400本の作品を手掛けてきた。もちろん、日本の女性映画監督としては、最多の本数を誇る。浜野の映画製作の原動力は「怒り」。それは、女性が蔑視されてきた日本映画界への怒りであり、日本社会への怒りでもある。
浜野佐知は中学生時代、ジャン=リュック・ゴダールの作品に日本映画にはない「強い女性像」を認め衝撃を受ける。その後専門学校に入り映画監督を目指すが、当時の大手映画会社の採用条件は「大卒男子」。理不尽さに憤る浜野は、当時ピンク映画界で注目を集める監督・若松孝二の若松プロダクションに入る。が、映画界のヒエラルキーに反発し、撮影初日に会社を飛び出す。以後フリーの助監督を経たあと監督デビューは24歳の時だった。
その後、多くのピンク映画の監督は一般映画に進出していく。製作費は頭打ち、客層は固定化するなど、今、ピンク映画を取り巻く状況は厳しいが、浜野は「エロこそが女性が表現できる場」としてこだわりを持つ。そんな浜野の新作の製作が2015年2月に決まった。緊張感の中で行なわれた主演のジャズシンガー・真梨邑ケイへの企画提案を経てクランクインした2015年5月、浜野の怒りと思想と想いは作品として形になっていく。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの