{"prg_cd":"105989"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"112946"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112090"}
{"prg_cd":"113064"}
{"prg_cd":"112092"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"112612"}
{"prg_cd":"113151"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"111496"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"112952"}
{"prg_cd":"113152"}
{"prg_cd":"112027"}
{"prg_cd":"111284"}
{"prg_cd":"112795"}
{"prg_cd":"107391"}
{"prg_cd":"112481"}
{"genre_cd":"01"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW ウクライナ 流浪のフットボール 〜紛争に揺れる名門クラブの苦闘〜

ノンフィクションW ウクライナ 流浪のフットボール
現在、放送予定はありません。

ウクライナ東部の紛争によりホームを追われたサッカーチーム、シャフタール・ドネツク。故郷を想い戦い続ける選手とサポーターの姿を通し、サッカーの持つ力を掘り下げる。

ウクライナ東部の都市ドネツクをホームタウンにするサッカーチーム、シャフタール・ドネツク。ウクライナリーグで9回の優勝を誇る名門クラブだが、2014年2月以降緊迫するウクライナ情勢のあおりでチームは故郷からの脱出を余儀なくされる。2015年5月現在、選手たちはドネツクから約1000kmも離れた、ポーランドとの国境に近い街リヴィフのスタジアムを仮の本拠地としてリーグ戦を続行。サッカーにとって、絶対的なアドバンテージを持つホームタウンで試合を開催できない状況にある。
故郷に残してきたサポーター、そしてリヴィフ近郊の避難民キャンプからスタジアムに通い続ける同郷の熱狂的ファンのために、自らを鼓舞し、不屈の闘志で試合に臨む選手たち。番組では、優勝がかかった今季終盤戦に挑む彼らの姿に密着。シャフタールの選手とサポーターの絆を通し、紛争下においてもサッカーという競技が人々に与える影響力の大きさを伝える。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW ウクライナ 流浪のフットボール

ウクライナ東部の紛争によりホームを追われたサッカーチーム、シャフタール・ドネツク。故郷を想い戦い続ける選手とサポーターの姿を通し、サッカーの持つ力を掘り下げる。

2014年2月以降緊迫状態が続くウクライナの紛争は、ウクライナリーグの強豪チーム、シャフタール・ドネツクの本拠地でも争いが激化。ホームのドンバス・アレナは破壊され、2015年5月時点でチームは約1000km離れた街リヴィフをホームにリーグ戦を続行する。整備が行き届かない練習場や、慣れないホテル暮らしで選手たちは、公私ともにストレスを蓄積。チームの精神的支柱ともいえるオレクサンドル・クチュル選手は、ドネツクを後にした日をつらそうに振り返る。
そんな状況でも戦い続ける彼らを心の支えにしているのが、ドネツクから避難してきたサポーターたち。リヴィフのスタジアムから15kmほどのヴィニキ村にある避難民のキャンプに暮らすユーリさん一家は、家族全員が熱狂的サポーターで、苦しい避難生活の中にあっても応援に駆けつける。選手もサポーターも暗中模索の日々、サッカーがもたらす見えない力を描く。
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの