{"prg_cd":"107116"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111600"}
{"prg_cd":"111572"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111403"}
{"prg_cd":"110585"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"110862"}
{"prg_cd":"111882"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"111891"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"110624"}
{"prg_cd":"111306"}
{"prg_cd":"111566"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"111540"}
{"prg_cd":"111777"}
{"prg_cd":"111073"}

ステージ
白石加代子×佐野史郎「笑った分だけ、怖くなる」

白石加代子×佐野史郎「笑った分だけ、怖くなる」
現在、放送予定はありません。

白石加代子&佐野史郎の強力なタッグで送るパフォーマンス・リーディング。演出はパントマイムの動きをベースに独自の世界観で注目を集める小野寺修二が務めた。

白石と演技派俳優・佐野史郎の強力タッグが実現。登場人物の、時には静かに、時には激しく移りゆく心理状況に合わせ、巧みに変化させる表情や声のトーンは注目点の一つ。特に白石は、幾人もの登場人物を演じ分けていく。また、演出はパントマイムの動きをベースにした独自の世界観で注目を集めている小野寺修二が担当する。演目は、東野圭吾の「超・殺人事件―推理作家の苦悩」が原作の「超税金対策殺人事件」と小池真理子が原作の「妻の女友達」。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

白石加代子&佐野史郎の強力なタッグで送るパフォーマンス・リーディング。演出はパントマイムの動きをベースに独自の世界観で注目を集める小野寺修二が務めた。

2014年に、22年間続いた朗読劇「百物語」を完結させるなど、舞台を中心とした約半世紀にわたる活躍が認められ、第62回菊池寛賞を受賞した女優・白石加代子。その白石の「百物語」に続く作品で、笑いありスリルあり、最後にはその名の通り「笑った分だけ、怖くなる」物語を題材にしたパフォーマンス・リーディング。台本を手に持ったまま演者が舞台上で芝居をする「百物語」のスタイルは踏襲されている。
【超税金対策殺人事件】作家の僕(佐野史郎)と妻は、確定申告のため税理士の浜崎(白石加代子)に作成させた来年度の支払い調書を見てパニックに。今年は例年になく収入が多かったためそれはあまりに巨額だった。僕に呼び出された浜崎は、提出された領収書の数々について、作品に反映されていないので経費とは認められないと指摘。僕は節税のため領収書の内容に合わせて執筆中の小説「氷の街の殺人」をどんどん書き換えていく。
【妻の女友達】市役所の戸籍係・広中肇(佐野史郎)は、妻・志津子(白石加代子)、3歳の娘・ちえみ(白石)と3人暮らし。平凡ながら、満ち足りた幸せな日々を送っていた。そんなある日、妻の旧友である流行作家・多田美雪(白石)が突然訪ねてくる。独身の美雪は志津子にアルバイトとして身の回りの世話を依頼。妻との時間をどんどん奪われていった肇は、次第に美雪に対して殺意を抱くようになるのだが…。

演目

  • 第一ラウンド 東野圭吾「超税金対策殺人事件」(「超・殺人事件 推理作家の苦悩」新潮文庫より)、第二ラウンド 小池真理子「妻の女友達」(集英社文庫より)

出演

  • 白石加代子
  • 佐野史郎

スタッフ

  • 上演台本/笹部博司
  • 演出/小野寺修二

収録日・場所

  • 2015年4月24日/東京 亀戸文化センター(カメリアホール)
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの