{"prg_cd":"105857"}
{"prg_cd":"105904"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113241"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"113174"}
{"prg_cd":"112635"}
{"prg_cd":"113255"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"113220"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"112438"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"112086"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"112706"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"106318"}
{"prg_cd":"113240"}
{"genre_cd":"01"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 前田敦子 最も危険な芸術“蜷川幸雄”への挑戦

ノンフィクションW 前田敦子 最も危険な芸術“蜷川幸雄”への挑戦
現在、放送予定はありません。

国民的アイドルグループで6年半中心メンバーとして活躍してきた前田敦子が、最も危険な芸術と評される蜷川幸雄のもと女優として初舞台を踏むまでに密着。

2005年、アイドルグループ・AKB48にスターティングメンバーとして加入した前田敦子は、2012年に卒業するまで6年半中心的メンバーとして、日本のエンターテインメント界を牽引してきた。そんな彼女が今年7月、蜷川幸雄演出の「太陽2068」で初舞台を踏んだ。
蜷川作品といえば、数々の名優が挑んできた檜舞台。きらびやかな世界で活躍してきた前田にとって、かつてアングラ演劇などで数々の衝撃作を生み出してきた蜷川幸雄の舞台は美しくも攻撃的で、まさに対照的な世界。演技力のみならず、時には人間性をもあらわにするという蜷川の舞台は、“最も危険な芸術”と評されてきた。
稽古について、最初は緊張気味だったものの、やがて楽しかったというまでになった前田。蜷川も前田の勘の良さに手ごたえを感じたようで、“女優”として評価を受けるに十分足る演技を行なったと考えている。実際、舞台は共演の綾野剛や成宮寛貴らの好演もあり、連日スタンディングオベーションが巻き起こるなど、高い評価を受けた。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW 前田敦子 最も危険な芸術“蜷川幸雄”への挑戦

国民的アイドルグループで6年半中心メンバーとして活躍してきた前田敦子が、最も危険な芸術と評される蜷川幸雄のもと女優として初舞台を踏むまでに密着。

蜷川作品といえば、数々の名優が挑んできた檜舞台。きらびやかな世界で活躍してきた前田敦子にとって、かつてアングラ演劇などで数々の衝撃作を生み出してきた蜷川幸雄の舞台は美しくも攻撃的で、まさに対照的な世界。演技力のみならず、時には人間性をもあらわにするという蜷川の舞台は、“最も危険な芸術”と評されてきた。番組では、前田が初舞台で舞台女優として進化していく様子に密着。
蜷川の稽古場では、今まで誰も見たことのない前田がいた。それは、元AKB48のセンターとして名声に甘んじることなく、蜷川の下で女優として腕を磨こうとする彼女の姿だった。前田は、バイオテロにより社会基盤が破壊された近未来で進化を遂げた新人類(ノクス)と旧人類(キュリオ)が対立する社会の中で、人間として生きることに誇りを持つヒロインという難しい役どころを演じる。何百人という観客の目にさらされながら芝居を行なう“舞台”は彼女にとって未知の領域で、一人前の女優となって実力を発揮しなければらない。これまでアイドルとして培ってきたものとは異なった女優としての鋭い感覚、そして感性を問われ続けた前田。
稽古から舞台初日そして千秋楽まで、一生に一度の初舞台を独占取材。前田が蜷川の舞台で自分をどう貫き、演技力をどう引き出したのか、蜷川幸雄や共演者たちのコメントを交え、彼女の挑戦と進化の日々を追う。
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの