{"prg_cd":"107844"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110091"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"106901"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"108687"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"109601"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110080"}
{"prg_cd":"109701"}
{"prg_cd":"110443"}
{"prg_cd":"109360"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110400"}
{"prg_cd":"106188"}
{"prg_cd":"108841"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"109155"}
{"prg_cd":"110628"}

ステージ
「太陽2068」綾野剛×成宮寛貴×前田敦子 作・前川知大 演出・蜷川幸雄

「太陽2068」綾野剛×成宮寛貴×前田敦子
現在、放送予定はありません。

気鋭の劇作家・前川知大と蜷川幸雄の初タッグ作品に、舞台初主演にして蜷川演出に初挑戦の綾野剛ら豪華俳優陣が集結し公演された作品。社会基盤が破壊された近未来が舞台。

バイオテロにより、人口が激減し、政治経済が崩壊した近未来が舞台。生き残った旧来の人類「キュリオ」と、ウイルスの感染から奇跡的に回復し、進歩的な価値観といつまでも若く健康な肉体を維持する能力を手に入れた代わりに、紫外線に弱く太陽光の下では生きていくことができなくなった新型の人類「ノクス」。同じ人間ながら異質なゆえに信頼関係が築けず、反目と差別感情への葛藤を繰り返す両者の日々を描く。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

気鋭の劇作家・前川知大と蜷川幸雄の初タッグ作品に、舞台初主演にして蜷川演出に初挑戦の綾野剛ら豪華俳優陣が集結し公演された作品。社会基盤が破壊された近未来が舞台。

2003年結成の劇団「イキウメ」で作、演出を担当し、これまでに読売演劇大賞など数多くの演劇賞を受賞してきた前川知大が、日本を代表する演出家・蜷川幸雄と初めてタッグを組み、豪華俳優陣が集結した話題作を放送する。
【ストーリー】21世紀初頭、世界的なバイオテロで拡散したウイルスで人口は激減し、政治経済は混乱、社会基盤が破壊されていた。その数年後、感染者の中で奇跡的に回復した人々が注目される。彼らは免疫や代謝において人間をはるかに上回る身体に変化していた。変異は脳や精神面にも及び、頭脳は明せき。だが、紫外線に弱く太陽光の下では活動できないという欠点が。彼らは自分たちをホモ・ノクセンシスとし、「ノクス」と名乗るようになる。
ノクスの登場で旧人類と位置づけられた人間は、ノクスへの弾圧を強め各地で内戦が発生。だが、徐々に政治経済の中心はノクスに移り人口も逆転してしまう。ノクスの登場から約半世紀、キュリオ(骨とう品)と呼ばれるようになった旧人類は、ノクス社会に依存し細々と暮らすように。そんな中、かつてノクス殺傷事件を起こし、ノクス自治区から経済封鎖を受けていた集落“長野8区”はその制裁が解け、再びノクスとの交流を始める。

出演

  • 綾野剛
  • 成宮寛貴
  • 前田敦子
  • 中嶋朋子
  • 大石継太
  • 横田栄司
  • 内田健司
  • 山崎一
  • 六平直政
  • 伊藤蘭

スタッフ

  • 作/前川知大
  • 演出/蜷川幸雄

収録日・場所

  • 2014年7月22日/東京 Bunkamuraシアターコクーン
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの