{"prg_cd":"111141"}
{"prg_cd":"110399"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"015959"}
{"prg_cd":"109934"}
{"prg_cd":"110694"}
{"prg_cd":"022518"}
{"prg_cd":"110840"}
{"prg_cd":"111367"}
{"prg_cd":"110666"}
{"prg_cd":"110867"}
{"prg_cd":"110954"}
{"prg_cd":"014468"}
{"prg_cd":"110983"}
{"prg_cd":"111420"}
{"prg_cd":"022471"}
{"prg_cd":"022472"}
{"prg_cd":"107801"}
{"prg_cd":"012635"}
{"prg_cd":"110010"}
{"prg_cd":"110671"}
{"prg_cd":"110633"}
{"prg_cd":"110432"}
{"prg_cd":"110712"}
{"prg_cd":"022024"}

映画
利休にたずねよ

利休にたずねよ

10/20(金)よる6:45

WOWOWシネマ 5.1

11/18(土)午後3:45

WOWOWライブ 5.1

茶人・千利休の美の原点。それは、彼の若き日の秘められた恋にあった!? 第140回直木賞に輝く山本兼一の同名歴史小説を、市川海老蔵の主演で映画化した歴史ドラマ。

戦国〜安土桃山時代、独自の美意識に基づくわび茶の道を究めて絶大な影響力を誇り、ついには時の権力者・豊臣秀吉によって切腹を命じられてこの世を去った希代の茶人、千利休。今なお多くの謎を秘めた彼の人物像に斬新な解釈で鋭く迫った山本兼一の傑作小説を、先にも山本原作の「火天の城」を手掛けた田中光敏監督が映画化。歌舞伎界の御曹司・市川海老蔵が、放蕩を重ねていた若き日の利休から彼の晩年までをハマリ役で好演するほか、今は亡き海老蔵の父・市川團十郎、中谷美紀、大森南朋など、共演陣も豪華多彩。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 304

茶人・千利休の美の原点。それは、彼の若き日の秘められた恋にあった!? 第140回直木賞に輝く山本兼一の同名歴史小説を、市川海老蔵の主演で映画化した歴史ドラマ。

天正19年。かつては織田信長に茶頭として仕え、彼亡き後は豊臣秀吉の庇護の下、茶の湯を芸術の域にまで高めて“茶聖”とまでうたわれた千利休が、秀吉によって切腹を命じられ、人生最後の日を迎えようとしていた。妻の宗恩から、自分のほかにずっと想う人がいたのではないかと問われ、利休の脳裏にかつての遠い記憶がよみがえる。それは、若き日の彼が出会った、高麗出身の美しい女性との秘められたはかない恋の思い出だった…。

作品データ

  • 制作年/2013
  • 制作国/日本
  • 内容時間/124分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

出演

  • 千利休/市川海老蔵
  • 宗恩/中谷美紀
  • 織田信長/伊勢谷友介
  • 豊臣秀吉/大森南朋
  • 高麗の女/クララ
  • 武野紹鴎/市川團十郎

スタッフ

  • 監督/田中光敏
  • 脚本/小松江里子
  • 撮影/浜田毅
  • 音楽/岩代太郎
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 歴史捏造映画

    • ★☆☆☆☆
    • gotoshi1103
    • 2016/01/26 14:49

    最初はまぁまぁおもしろかった。
    しかし途中から利休と朝鮮人女の恋という展開になってありえんだろ!これ!
    どんなファンタジーやねん?
    歴史や背景も捏造だらけ
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」放送記念!女優・中谷美紀

WOWOWドラマ初主演の演技派女優を特集

女優・中谷美紀

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの