{"prg_cd":"107922"}
{"prg_cd":"110380"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110520"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110810"}
{"prg_cd":"110943"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110145"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110440"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110260"}
{"prg_cd":"110942"}
{"prg_cd":"106317"}
{"prg_cd":"110500"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"111129"}
{"prg_cd":"110296"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 赤井英和 母校に響く復活へのゴング 〜密着 近大ボクシング部の120日〜

ノンフィクションW 赤井英和 母校に響く復活へのゴング

8/26(土)深夜0:30

WOWOWプライム

かつて名門と呼ばれた母校・近大ボクシング部復活のため、総監督に就任した赤井英和。ボクシングの純粋な素晴らしさを伝えようとする赤井と、部員たちの成長の日々を追う。

かつて“浪速のロッキー”と呼ばれ、80年代のプロボクシング界を席巻した赤井英和。衝撃の引退と芸能界への転身からおよそ四半世紀。赤井は今、母校である近畿大学ボクシング部の総監督としてリングに戻っている。部員の不祥事により一時は廃部に追い込まれた、かつての名門ボクシング部。2年前、赤井の就任とともに再スタートを切ったボクシング部は、2014年を“勝負の年”と意気込んでいる。
プロの世界だけでなく、昨今の学生スポーツにもまん延する勝利至上主義。そんな中、赤井は勝負にこだわりながらも、ボクシングの純粋な素晴らしさを部員たちに伝えたいという。「近大ボクシング部は、僕にとって実家のようなもの」と語る赤井。大阪中に名を轟かせた不良少年が、人生において大切なモノを多く教わったという“帰るべき場所”で、日々汗を流す、赤井と教え子たちの120日間に密着する。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

かつて名門と呼ばれた母校・近大ボクシング部復活のため、総監督に就任した赤井英和。ボクシングの純粋な素晴らしさを伝えようとする赤井と、部員たちの成長の日々を追う。

赤井英和が母校・近畿大学ボクシング部の総監督に就任したのは、2012年の秋。不祥事により廃部となった名門の再建を託されたものの、文字通りゼロからの再出発だった。しかし、就任から約2年がたち、部は着実に戦える集団へと成長しつつある。目標は関西学生リーグ3部での優勝と2部への昇格。赤井は芸能活動の合間を縫い練習場に足を運んではミットを構え、部員たちの汗をタオルで拭いながら耳元でアドバイスを送る。
赤井がボクシング部の指導に情熱を燃やす背景には、かつての自分を育ててくれた、恩師への想いがある。そして仲間とともに過ごした、大学時代の充実した日々がある。2014年、強化指定クラブに指定されたボクシング部にとって、2部昇格は至上命題だ。赤井や部員たちも、当然そこに向かって汗を流し続けている。「それでも、勝つことだけがすべてじゃない!」赤井の想いと、部員たちの成長の日々を追う。

出演

  • 赤井英和
  • 宇梶剛士
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの