{"prg_cd":"111792"}
{"prg_cd":"112483"}
{"prg_cd":"112484"}
{"prg_cd":"112622"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113241"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"112635"}
{"prg_cd":"113174"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"113255"}
{"prg_cd":"112086"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"113220"}
{"prg_cd":"106318"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113340"}
{"genre_cd":"01"}

ステージ
舞台「真田十勇士」 中村勘九郎×松坂桃李×堤幸彦×マキノノゾミ

舞台「真田十勇士」
現在、放送予定はありません。

かつてない壮大なスケールで描く、スペクタクル時代劇の決定版。中村勘九郎、松坂桃李、比嘉愛未、真矢ミキら豪華キャストが結集し最強メンバーで真田十勇士の真実を描く。

主役の猿飛佐助は第20回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞した中村勘九郎が、霧隠才蔵は第36回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた松坂桃李が務める。ほか、比嘉愛未、加藤雅也、真矢ミキといったゴージャスな俳優陣が並ぶ。
脚本は、舞台「浪人街」「ローマの休日」「十三人の刺客」といった話題作を手掛け、情感豊かな人間ドラマ作りに定評のあるマキノノゾミ。演出には、舞台「悼む人」「テンペスト」のほか、映画監督としてもエンターテインメント色の高い作品を世に残してきた堤幸彦が名を連ねており、豪華スタッフが初タッグを組んだ作品となっている。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
舞台「真田十勇士」

かつてない壮大なスケールで描く、スペクタクル時代劇の決定版。中村勘九郎、松坂桃李、比嘉愛未、真矢ミキら豪華キャストが結集し最強メンバーで真田十勇士の真実を描く。

ダイナミックなワイヤーアクションと、プロジェクションマッピングを多用した演出により、かつてないスケールで描かれるスペクタクル時代劇。嘘が真になり、真が嘘になる!?これまで多くの映画、ドラマ、舞台で描かれてきた名作に、新たなエッセンスを加えた“平成版”の登場だ。
【ストーリー】関が原の戦いから10年以上が経ち、徳川家康の天下統一が目前に迫る中、豊臣秀吉の妻・淀殿(真矢ミキ)と息子の秀頼(福士誠治)は、大坂を舞台に徳川へ戦を挑もうとしていた。
抜け忍の猿飛佐助(中村勘九郎)は、その名に恥じぬよう名誉の戦死を望む天下の名将・真田幸村(加藤雅也)と出会う。だが、幸村は名声とは程遠くどこか頼りない。佐助は幸村を盛り立てるべく、その家臣になることに。
佐助は早速、かつての仲間・霧隠才蔵(松坂桃李)を誘い入れ、さらなる家臣集めに奔走。佐助の働きもあり、10人がそろう前に“真田十勇士”という猛者の名が世間にとどろき始める。十勇士は豊臣方に加担するのか否か、行く末に注目が集まることに。一方、徳川方の忍・火垂(比嘉愛未)は才蔵への想いを胸に秘め、里を抜けた佐助と才蔵に執拗に襲い掛かる。
1614年、大坂冬の陣の幕が切って落とされる。

収録日・収録場所

  • 2014年1月23日/東京 青山劇場

出演

  • 中村勘九郎
  • 松坂桃李
  • 比嘉愛未
  • 加藤雅也
  • 真矢ミキ

スタッフ

  • 脚本
    マキノノゾミ
  • 演出
    堤幸彦
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの