{"prg_cd":"002926"}
{"prg_cd":"103941"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"109721"}
{"prg_cd":"107844"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"110081"}
{"prg_cd":"109740"}
{"prg_cd":"109361"}
{"prg_cd":"110192"}
{"prg_cd":"109641"}
{"prg_cd":"109644"}
{"prg_cd":"110205"}
{"prg_cd":"108910"}
{"prg_cd":"109086"}
{"prg_cd":"109309"}
{"prg_cd":"109588"}
{"prg_cd":"110224"}
{"prg_cd":"110193"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110468"}
{"prg_cd":"064317"}
{"prg_cd":"110203"}
{"prg_cd":"107783"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 映画「仁義なき戦い」を書いた男 脚本家・笠原和夫 創作の記録

ノンフィクションW 映画「仁義なき戦い」を書いた男 脚本家・笠原和夫 創作の記録

日本映画史に残るヒットシリーズ「仁義なき戦い」の、最初の4作の脚本を担当した故・笠原和夫。彼の日記や、関係者らのインタビューにより、ヒット作の真実が明かされる。

日本映画史に残る傑作にして、数多くの続編が制作された人気シリーズ「仁義なき戦い」。最初の4作の脚本を1年で書き上げた故・笠原和夫が作品に込めた想いに迫る。 続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

日本映画史に残るヒットシリーズ「仁義なき戦い」の、最初の4作の脚本を担当した故・笠原和夫。彼の日記や、関係者らのインタビューにより、ヒット作の真実が明かされる。

映画「仁義なき戦い」シリーズの最初の4作品の脚本を担当した故・笠原和夫。関係者への取材により、原案となった元ヤクザの手記を独自のストーリーへと再構築。脚本を読んだ監督・深作欣二に「直すところ、一行もありません!」と言わしめたという。笠原眞喜子夫人によると、「本当は後世に残る恋愛映画の脚本を書きたかった」という笠原は、なぜヤクザを主人公にし、そこに濃密な人間ドラマを織り込んだのか?
笠原の秘蔵日記に書かれていた戦争体験、7人の母を持つ幼少体験などから、彼が作品に込めた想いをひもとく。眞喜子夫人や、プロデューサーの日下部五朗、助監督を務めた土橋亨、俳優の北大路欣也からの貴重な証言も。また、『新・仁義なき戦い。』(’00)などの脚本を手掛けた高田宏治、笠原和夫に関する著書のある脚本家・荒井晴彦やシリーズ関連の著書のある漫画家の杉作J太郎、日本映画史研究家の春日太一も登場し、作品への想いを語る。

出演

  • 藤原竜也
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの