{"prg_cd":"107219"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"111295"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"110340"}
{"prg_cd":"110668"}
{"prg_cd":"111316"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111022"}
{"prg_cd":"111113"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"110404"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110010"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"102735"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 映画タイトルデザイナー・赤松陽構造文字に込めた“自由”

ノンフィクションW 映画タイトルデザイナー・赤松陽構造
現在、放送予定はありません。

    『うなぎ』「八重の桜」など40年以上にわたり約400作品のタイトルデザインを手がけてきた赤松陽構造。フイルムとデジタルのはざまで揺れる今「文字の力」が見直される

    映画の健全な発展を目的に労と成果をたたえ、さまざまな分野に賞が与えられるアカデミー賞。だが、なぜかその対象から“タイトルデザイン”は除外されている。タイトルデザイナーという専門職があり、ポジションが確立されているように思えるが、ほんの1分足らずのタイトルバックは重要視されていないのだろうか?映画に不要なものなのか?
    日本の同分野の第一人者である赤松陽構造の仕事に密着し、タイトルデザインの魅力を通じて「文字の力」を浮き彫りにする。
    ※初回放送時の情報を掲載しております。

    My番組登録者数
    • 0

    『うなぎ』「八重の桜」など40年以上にわたり約400作品のタイトルデザインを手がけてきた赤松陽構造。フイルムとデジタルのはざまで揺れる今「文字の力」が見直される

    タイトルデザイナーの赤松陽構造(あかまつひこぞう)は、映画『HANA−BI』(’97)といった北野武監督作品や、『うなぎ』(’97)、『テルマエ・ロマエ』(’12)、NHK大河ドラマ「八重の桜」など40年以上で400作品以上のデザインを手掛けてきた。毎日映画コンクール特別賞や文化庁映画賞を受賞するなど輝かしい経歴を誇る。番組では2014年公開準備中の映画のタイトルデザインを手掛ける彼に密着する。
    映画のクランクインから現場を訪れたり、監督との対話を重ねる赤松。与えられた文字をどのように“赤松流”に具体化していき、デザインを考えていくのか?時にはCGを使うが、手書きにこだわる赤松は、アナログの良さと最先端の技術をうまく調和させることが理想だという。彼がタイトルデザインに込めた想いや仕事の流儀、さらには日本映画が抱える問題や現状にも迫っていく。(2014年)
    並び替え
    絞り込み
    • 現在、放送予定はありません。

    • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの