{"prg_cd":"107830"}
{"prg_cd":"110520"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"110943"}
{"prg_cd":"110810"}
{"prg_cd":"110145"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110440"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110260"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"111129"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110942"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"110500"}
{"prg_cd":"110845"}
{"prg_cd":"107718"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW マン島TTレース 電動バイクで風になれ! チーム「MIRAI」オートバイの「未来形」に挑む

ノンフィクションW マン島TTレース 電動バイクで風になれ!
現在、放送予定はありません。

世界最大の公道レース・マン島TTの、EVバイク部門に挑戦する岸本ヨシヒロに密着。カバーデザインにレーシングミクを採用したチーム「MIRAI」が優勝を目指す。

マン島TTレース。100年以上の伝統を誇る世界最大の公道レースは、1961年当時はまだ無名だったホンダが優勝、世界的企業への足がかりとしたことでも知られる。この歴史的レースの新部門“EVバイク”に挑む岸本ヨシヒロのチーム「MIRAI」を追う。
岸本は2年前、当時勤めていたEVバイクメーカーからマン島TTに初参戦ながら5位入賞。翌年は妻と2人で独立したチーム「MIRAI」を立ち上げチャレンジするも、無念のリタイアに終わった。
時速200kmで目の前を駆け抜けるEVバイクは、エンジンではなくモーターで走行するため“ヒューン”と独特の音を発するのが特徴だ。バイクに取り付けたカメラからは、まるで“自分が風になって街を駆け抜ける”ような世界が広がり、景色は後方へ吹き飛んでいく。
マン島TTの“EVバイク”部門には、現在3連覇中で、世界的に知られるセグウェイからサポートを受けているチーム「モトシズ」やF1優勝経験を持つチーム「無限」など、次世代の交通ビジネスへの可能性を求め世界各国から強豪がひしめく。
そんな中、スポンサーを探し資金集めに奔走しながら参戦を続けるチーム「MIRAI」は2013年は3度目の挑戦。果たして栄冠を勝ち取ることはできるのか? “風になりたい”という自らの夢をバイクに載せた岸本の熱き闘いに、カメラが密着する。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

世界最大の公道レース・マン島TTの、EVバイク部門に挑戦する岸本ヨシヒロに密着。カバーデザインにレーシングミクを採用したチーム「MIRAI」が優勝を目指す。

モーターサイクルファンの聖地で100年以上続く、世界最大の公道レース「マン島TTレース」。伝統あるレースの新部門「EVバイク」に日本の零細チーム、MIRAIが参戦。チームを率いる岸本ヨシヒロの3度目の挑戦となる2013年は5月31日に大会がスタートする。島を巡る1周約60kmの長いコースは、高低差が400m以上。公道レース故に路面の凹凸もあるためマシンへの負荷は大きく、レースは過酷を極める。
参加バイクは予選を制限時間の45分以内にゴールし、タイムアタック形式で行なわれる決勝を目指す。パワーを出すためにはバッテリー容量を増やさなければならないが、その分車体が重くなりスピードが出なくなる。「パワーと重量のバランスが重要」と岸本は言う。カバーデザインにはレーシングミクを採用し、話題性も狙うチーム「MIRAI」の岸本のバイクが、いまトップチェッカーを目指し走り出す。(2013年)
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの